『テニミュ』の公演中に流血沙汰!? “ラケット落下アクシデント”を現場で見ていたテニミュファンは……

『テニスの王子様』公演中にラケットが客席に落下、Twitterで「客は流血」との報告も

記事まとめ

  • ミュージカル『テニスの王子様』公演中にラケットが客席に落下、観客に接触した
  • ラケットに接触した客への対応が終演後となり、スタッフの対応の悪さを指摘する声も
  • 『テニスの王子様』主催のテニミュ製作委員会は公式サイトで「お詫びとご報告」を発表

『テニミュ』の公演中に流血沙汰!? “ラケット落下アクシデント”を現場で見ていたテニミュファンは……

『テニミュ』の公演中に流血沙汰!? “ラケット落下アクシデント”を現場で見ていたテニミュファンは……

ミュージカル『テニスの王子様』公式サイトより。

 23日、ミュージカル『テニスの王子様』を主催するテニミュ製作委員会が、公式サイトにて「ラケットがキャストの手から離れ、客席に落下するというアクシデント」について、「お詫びとご報告」を発表した。

 公式サイトによれば、1月22日18時より名古屋・日本特殊陶業市民会館ビレッジホールにて行われた「ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学VS六角」公演にて、ラケットがキャストの手から離れ、客席に落下するアクシデントが発生したという。サイトを通じて、「ラケットに接触されたお客様」に謝罪をした。

 また、公演中にスタッフが客席内へ状況を確認しに向かったが、その時点では状況把握ができず、ラケットに接触した客への対応が終演後となってしまったこと、その客の周囲をはじめ、観劇していたファンに心配をかけてしまったことも謝罪している。

 なお、ラケットに接触した客については、個別で対応し病院での診察を受けてもらい、異常なしとの診断だったという。しかし、カンパニー一同はこの状況を重く受け止め、スタッフ・キャストはこれまで以上に気を引き締め、ファンの安全を最優先に、再発防止に努め、運営面・演出面での見直しを計っていくと報告している。

“ラケットが客席に落下したというアクシデント”にTwitterでは、「ラケットに接触した客は流血していた」「その周囲の客席は騒然としていた」といった報告をはじめ、それにもかかわらず、対応が公演後になったスタッフの対応の悪さを指摘する声、ケガをしたファン、ラケットを客席に落としてしまったキャストを心配する声などが上がっている。

 今もなお、さまざまな意見が上がっているが、その中でおたぽる編集部では偶然にも公演を見ていたテニミュファンから、その時の状況を聞くことができた。

「実は、ラケットが客席に落ちた瞬間は見れていないんです。ラケットは下手側に落ちたと聞いているのですが、私が座っていた席は1階の後方、上手側の席。下手側は前のファンの頭でほとんど見えない状態でした。気付いたら、キャストがラケットを持たずに試合をしている状態でした。

 ラケットが客席に落ちてしまった場面は、第2幕の終盤、青学・海堂薫と六角・葵剣太郎の試合中。海堂が腕を大きく振って打つ必殺技・スネイクを繰り出した瞬間にラケットが客席に飛んでしまった、と聞いています。ネットでは、ラケットが落ちた客席周囲はざわざわしていたとの報告がありましたが、1階席の後方ではその状況はわかりませんでした。

 その後は滞りなく公演は進み、千秋楽ということで各校の部長役と主人公の越前リョーマ役のキャストによる挨拶もあったのですが、特にそのアクシデントについて触れられず。会場全体がまさかのアクシデントに騒然……という状況ではなかったように感じます。なので、私は終演後にTwitterの騒ぎを見て、はじめて今回のアクシデントを知った状態でした」(テニミュファンの女性)

 続けて、「10年以上続くテニミュの歴史で、今回のようなアクシデントはおそらくはじめて。まさかの出来事にびっくりしている状態です。ファンはただ、無事に終わることをいつも願っているので、再発防止に努めてもらいたいものです」とも語っていたテニミュファン。

 ラケットが接触したファンは異常なしとのことだが、一日も早く全快されることを祈りたい。

関連記事(外部サイト)