日本オタクな台湾女子の全力愛を受け止められるか? 実録ラブストーリー『ママダメ』の世界にとろけたい!

日本オタクな台湾女子の全力愛を受け止められるか? 実録ラブストーリー『ママダメ』の世界にとろけたい!

Facebook上で知り合ったリンちゃんとモギさんは、国際遠距離恋愛を始めることに。

 やっぱり、かわいいは最強だった!! 日本&台湾の合作映画『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』のヒロインを演じているジエン・マンシューが超絶かわいい。天真爛漫な笑顔にモデルのように細い手足をばたつかせながら、惚れた男へ一直線に突っ走っていく。こんな一途な女の子に慕われて、心動かされない日本男児はいないっしょ。

『ママダメ』は、Facebook上で知り合った台湾の女の子・リンちゃんと恋に奥手な日本男性・モギさんとの実録ラブストーリー。2人が知り合ったのは、2011年3月に起きた東日本大震災がきっかけ。栃木県在住の会社員・モギさん(中野裕太)は震災の影響で自宅待機している間、台湾から義援金が送られてきたニュースを目にする。台湾が親日国だと知ったことから、モギさんは台湾で日本語を学ぶリンちゃん(ジエン・マンシュー)とFacebookで友達となり、チャットでのやりとりを始める。

 リンちゃんは日本のドラマやアニメがめっちゃ好きで、大学では日本語を専攻するほど日本カルチャーに惚れ込んでいる。震災で直接被害に遭ったわけではなかったモギさんだが、街では計画停電が続き、どうも気分が晴れない。そんな中、リンちゃんが毎日送ってくる元気はつらつなメッセージが楽しみになっていく。GWに男友達と連れ立ってタイ旅行したモギさんは、その帰りに台湾で一泊することに。待ち合わせ場所に現われたリンちゃんは、モギさんを見つけて全力で走ってくる。ヤバい! Facebookにアップされている画像よりも、生のリンちゃんのほうが断然かわいいッ。リンちゃんの案内でめぐる台北観光は、モギさんにとって、またリンちゃんにとっても忘れられない1日となる。

『ママは日本へ嫁に行っちゃダメ──』という題名から、リンちゃんのママ(ワン・サイファー)は日本人に対して嫌悪感を抱いているのか、福島原発事故の余波が2人の恋路を阻むのか? いろいろと身構えて観ていた『ママダメ』だったが、そーゆーのはまったくなし。リンちゃんママは、単にかわいい長女を外国へ嫁に出すことに躊躇しているというレベルの問題。民族間や国家間の軋轢は関係なし。また、原発事故のことを気にすることもなく、リンちゃんはキャッキャッと日本にやってきては、モギさんと一緒に各地の観光スポットを訪ねて回る。大学の卒業祝いにモギさんが豪華な花束を贈ってくれたことから、もうリンちゃんはモギさんひと筋。恋に一途なリンちゃんの瞳には、暗い影は微塵もない。Facebookで知り合ったモギさんに200%の愛情でぶつかっていく。

 かつての台湾映画は『悲情城市』(89年)、『クーリンチェ少年殺人事件』(91年)のような歴史や社会の歪みを感じさせるイメージがあったけれど、時代もずいぶんと変わりました。そもそもクレジットをよく見たら、『ママダメ』を撮った谷内田彰久監督って日本人だし。谷内田監督は 大阪芸術大学映像学科を卒業しており、奥さまは韓国籍で、今は夫婦ともに韓国で暮らしているらしい。恋愛パワーで国際結婚しちゃいました、外国での生活は新鮮で、チョー楽しいです! そんなポジティブさが『ママダメ』からも溢れ出している。

 台湾の女優さんって、『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』(87年)のジョイ・ウォンをはじめ、南国ならではの開放的なエロチズムを漂わせていて、鼻の下がついつい伸びてしまうんですよ。最近の台湾映画だと、恋愛コメディ『あの頃、君を追いかけた』(11年)のポニーテールが似合っていたミシェル・チェン、青春ミステリーの傑作『共犯』(14年)でマンションから落ちて死んじゃう薄幸の美少女を演じたヤオ・アイニンも日本人好みのキュートな女優さん。ジエン・マンシューはかなりのスレンダー体型だけど、ノースリーブのシャツとミニスカからすらりと伸びた手足がとってもセクシーに映る。『ママダメ』でモギさんと出会ってからは俄然キラキラと輝く表情を見せ、男性の視線をクギづけにしてしまう。

 一方のモギさんに選ばれたのは、『新宿スワン2』(17年)ではハネマン役で綾野剛を相手に暴れ回っていた中野裕太。おしゃれで、センスよく、礼儀正しくて―という台湾の女の子が憧れる理想の日本男子像をきっちり演じている。リンちゃんと出逢うまでは自分の感情をあまり表に出すことのなかったモギさんだが、実はナイーブな面倒くさい性格で、リンちゃんの誕生日に元カレが訪ねてきたことを知って、それ以来チャットから遠のくようになってしまう。他人を傷つけるのは嫌いだが、失恋して自分が傷つくこともすごく恐れている。そんなモギさんが、リンちゃんの超ポジティブパワーにがぶり寄られ、性格が徐々に変わってくことに。人間の人格って思春期の頃にほぼ固まると聞いていたけど、交際相手によって男も女もけっこー変わってしまうものらしい。

 恋愛って面倒くさい。異性と過ごすのって疲れるだけ。自分と価値観が一緒の相手じゃなきゃ、付き合えない。そんな人へおすすめしたい『ママダメ』。現在進行形のリアルラブストーリーなので、ドラマとしての深みはないけれど、恋に墜ちていく瞬間のふわふわ感とその場の勢いで結婚へ踏み切っちゃうノリのよさが楽しめます。
(文=長野辰次)


『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』
原作/モギサン・モギサン奥さん 脚本/野村伸一 監督/谷内田彰久 
出演/ジエン・マンシュー、中野裕太、ワン・サイファー、蛭子能収、リン・メイシュー、大谷主水、岡本孝、与座重理久、田口浩正、山口祥行
配給/朝日新聞、アティカス 5月27日(土)より新宿シネマカリテ、ユナイテッド・シネマ、アクアシティお台場ほか全国順次公開
(c)“Mamadame” production committee
http://mama-dame.com

関連記事(外部サイト)