【インタビュー】BOYS AND MEN・田中俊介も惚れた “狂気があるのに美しい”ダークBL映画『ダブルミンツ』の魅力

【インタビュー】BOYS AND MEN・田中俊介も惚れた “狂気があるのに美しい”ダークBL映画『ダブルミンツ』の魅力

映画『ダブルミンツ』で市川光央役を演じた「BOYS AND MEN」の田中俊介

 今ほどBLが市民権を得る前から、腐女子の熱い支持を集めてきたマンガ家・中村明日美子。2016年に劇場アニメ化もされた『同級生』(茜新社)や、長期シリーズ『Jの総て』(太田出版)といった代表作で知られている。そして中村明日美子の作品史上、最大の問題作とされているのが『ダブルミンツ』(茜新社)だ。

 今から10年前の2007〜08年にかけて連載された同作は、高校時代に出会った同姓同名の同級生男子2人を主人公にしたBLマンガ。ごく普通の会社員・壱河光夫(ミツオ)の元に、かつての同級生・市川光央(みつお)から突然電話がかかってくる。
「女を殺した。今すぐ来い――」

 ミツオは、冷酷な“みつお”の下僕として高校生活を過ごした。その記憶に抗えず、ミツオは“みつお”の元に向かい、久しぶりの再会を果たす。共犯者となった二人は頻繁に会うようになり、高校時代の主従関係とも違う、奇妙な関係を築きながら、共にどんどん道を踏み外してゆく――。冒頭から予感される通り、暴力や犯罪があふれ、ヤクザやチンピラが次々登場する、異色のダークBLとして当時話題をさらったのだった。

 そして今年1月、『ダブルミンツ』の実写映画化が発表された。マンガ原作モノは批判されがちな現在、特に微妙なニュアンスが重要視されるBL作品とあって、「大丈夫なのか……?」と原作ファンからは不安の声も上がっていた。発表されたキャストは、名古屋を拠点に活躍するエンターテイメントグループ「BOYS AND MEN」の肉体派・田中俊介が“みつお”役、映画『東京プレイボーイクラブ』(11年)や『ミュージアム』(16年)などで近年注目度を上げている淵上泰史が“ミツオ”役。須賀健太や高橋和也、小木茂光といった経験豊富な面々が脇を固める布陣となった。

 こうしたキャスティングに加えて、映画『下衆の愛』(15年)や『家族ごっこ』(15年)などの話題作を手掛けた内田英治監督が「原作に惚れ込んで映画化を直訴した」というエピソードも相まって、『ダブルミンツ』実写化への不安視は徐々に沈静化。そして5月11日に行われた完成披露試写後には、原作ファン・キャストファン双方から絶賛の声が多く上がったのだった。

 今回本サイトでは、“みつお”を演じたBOYS AND MEN・田中俊介さんにインタビューを敢行。今年の夏冬公開の『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』への出演も発表され、役者としても注目度の高まる田中さんが、暴力と共依存と狂気の愛に満ちた『ダブルミンツ』を主演のひとりとしてどう捉えたのか、余すところなく聞いてみた。


■「知らなかった世界がここにあった」一瞬で原作のファンに

――まずは、原作を読んだときの率直な感想を教えてください。

田中俊介(以下、田中) いわゆるボーイズラブのマンガを読むのは初めてで、まずは本当に衝撃を受けました。「なんて面白い作品なんだろう」って。

――そちらの「衝撃」だったんですね。もともと「ボーイズラブ」という言葉はご存知でしたか?

田中 はい、知ってはいました。このお話をいただいてから中村明日美子先生のほかの作品も読んで、特有の美しさにすごく惹かれました。特に『ダブルミンツ』は、ものすごく狂気があるのに美しさを放っているものがあって、そこに完全に惚れましたね。僕の知らなかった世界がここにあった、なんて面白くて魅力的な作品なんだろう、と一瞬でファンになりました。

――今回の“みつお”役での起用については、オーディションではなく、内田英治監督から田中さんに直接オファーがあったということですが、なぜ自分だったと思いますか?
 
田中 普段はBOYS AND MENというグループで歌って踊ってという活動をメインにしているんですが、僕はずっとお芝居もやりたかったんです。内田監督とは3〜4年ほど前にドラマの現場で面識ができて、そのときにもそういう話をしていたので、気持ちを汲んでくださったのかな、と思っています。それから監督も仰っていたのは、「田中くんは“みつお”に似ている」と。

――確かに原作ファンとしても、映画を拝見して、最初に田中さんの“みつお”が登場するシーンで、「“みつお”だ!」と思いました。

田中 それは本当にうれしいですね。そういう意味でも、運命的というか、運が良かったというか。

――では、かなり暴力的なボーイズラブ作品ですが、引き受けるにあたって抵抗はまったくなかった?

田中 そうですね。僕は本当にこの作品がすごく面白いと思って、市川光央を演じられるということがうれしかったのですぐ「やりたいです」と答えました。逆に返事が早すぎて、マネージャーや監督から「本当に大丈夫?」と聞かれました(笑)。

――田中さんはクランクインの1年前から出演が決まっていたそうですね。どんな役作りをされましたか?

田中 時間をかけて体を作りました。もともと僕はすごく体を鍛えるタイプで筋肉がゴリゴリだったから、「これは全然“みつお”じゃない」と思って有酸素運動と食事制限で体重を14キロくらい落としました。今まで大事に育ててきた筋肉も、この男だったらいらないな、と。

 それから、この作品の特徴である同性愛のこと、共依存のこと、あとはギリシャ神話のアンドロギュヌスのことを勉強しました。男と女が合わさった2つの頭を持つ生き物、それが半分にわけられてしまったから自分の片割れを探しているんだという哲学的な部分ですね。そういうものをちゃんと勉強して、自分の中に落とし込む作業を繰り返しました。同性愛についても、出演のお話をいただいた時点ではまだ100%理解はできていなかったんです。でも「好きになる相手がたまたま同性だっただけで、異性じゃないといけないということはないんだ」というふうに、自分の中で偏見や壁みたいなものが一切なくなるところまでたどり着けました。


■闇か光か? 主演者も捉え方の揺らぐ『ダブルミンツ』の魅力

――原作者の中村明日美子さんから、演じるに当たってのアドバイスや要望は何かありましたか?

田中 撮影に入る前は、中村先生とお会いする機会がなかったんです。でも内田監督が2年間くらいかけて先生と脚本を話し合って、実写化に当たって互いの持っているイメージを固めていたので、監督には撮影前にいろいろ言われました。まず一番は、「お芝居をしないでくれ」ということですね。「お前が経験してきたことから感情を引っ張り出す作業をしてほしい」と。悲しかったときや腹が立ったときの気持ちを引っ張り出して、それを表現する。そこから“みつお”の考え方やキャラクター像にすり寄せていく作業をしろ、と言われていました。

――“みつお”のキャラクターは狂気的だったり刹那的だったり、暴力性をはらんでいて、自分の経験とすり合わせるのは難しそうに思いますが……。

田中 正直最初の頃は、考えても考えても、市川光央がどういう男なのかよくわからなかったです。だから原作と脚本をひたすら読み込んでいく中で、自分がなぜもうひとりのイチカワミツオを求めてしまうのか、なぜ彼と一緒にいてどこに向かおうとしているのか、なんでチンピラをやっているのかさえ、市川光央自身もよくわかってないんだ、というところに落ち着きました。

 それと、最初は、"みつお”のカリスマ的なところをミツオが崇拝していて、そのせいで共依存みたいな関係になっているのかな、というイメージが強かったんです。でも監督と話していくうちに、「“みつお”はカリスマなんかじゃなくて、弱い男なんだ」と言われて。僕はその弱さを隠してしまう“みつお”を自分の中に作っていたんですが、泣くときは泣くし叫ぶときは叫ぶような人間らしさ、弱さをもっと表現してほしいということだったんですね。だから、自分でイメージしていたよりも弱さを意識して撮影に挑みました。

――5月11日に行われた完成披露試写後のSNSを見ると、観た方がみなさんすごく映画『ダブルミンツ』に魅了されているように感じました。そうした反応はご覧になっていますか?

田中 はい。東京と名古屋で試写があって、終わった後に監督たちとご飯を食べに行って、そのときに監督が初めてエゴサーチを学んだんですね(笑)。それで試写会の反応をみんなで見ました。僕は正直怖くて自分ではできなかったんですが、本当にいい評判が聞こえてきてうれしかったです。原作ファンの方々も「面白かった」と仰ってくれているし、BOYS AND MENのファンの方も「BLの世界のことは全然知らなかったけど、初めて観て、今まであった抵抗がなくなりました」って言ってくれて。男性同士の間に愛を感じたし、美しいもの、光を放っているものを感じたという人がかなりいらっしゃいました。一方で、これが『ダブルミンツ』の魅力でもあると思うんですけど、「私は本当に“闇”に見えました」と言う人もいて。

 これは僕もそうなんですが、「二人が愛で結ばれている」と思うときもあれば、「いや、愛じゃない、依存だ。この先二人はどんどん闇に落ちていくんじゃないか」と感じるときもあるんです。撮影が終わったときには「純愛モノだな」と思ったんですよ。でも役作りの段階では「どっちなんだ?」っていろいろ考えが入れ替わって、試写で見たときには“闇”のほうを強く感じました。二人の抱えている苦しみの部分がガツンと来て、観ていて泣きそうになるくらい締め付けられて。観る時々で捉え方が本当に変わるのも、この作品の魅力だと思います。


■製作側も全員原作ファン、だからこそ信じて観てほしい

――もうひとりのミツオを演じられた淵上泰史さんとは、本作で初対面ですよね。どんな印象を受けましたか?

田中 クランクイン前の本読みで最初にお会いしたんですが、伝達ミスがあって淵上さんは最初“みつお”を演じるんだと思っていたらしいんです。それで監督と話していくうちに「あれ? なんかおかしいぞ?」ってなったみたいで。そもそも最初に僕と顔を合わせた時に、「明らかに“みつお”に似てるヤツがいる」と思って、そこから「おかしい」と思っていたそうです(笑)。もともと淵上さんはミツオのほうを演じてみたいと思っていたそうで、結果的にはよかったんですが。

 淵上さんは本当にお芝居に対してまっすぐな方で、撮影中もお芝居で引っ張ってくださるところがたくさんあってすごく助けられました。でも正直、撮影中はあまり親しくはならなかったんです。W主演だから、ある程度コミュニケーションを取って仲良くなったほうがいいのかな、とも思ったんですが、原作の持つミツオと“みつお”のなんともいえない微妙な距離感、空気感を作るには、そうじゃないほうが絶対活きてくると思って。撮り終わって宣伝関係でご一緒する中でやっと仲良くなれたというか、関係ない話もして打ち解けています。

――映画の中のお二人の絶妙な間合いは、そうやって生まれていたんですね。最後に、これから映画を観る方に向けて、メッセージをお願いします。

田中 特に原作ファンの方は、実写化となると抵抗のある方もいると思います。内田監督はすごく映画愛の強い方で、だから周りに集まるスタッフもキャストも、同じように愛が強い人たちばかりなんですね。そんな監督が原作をたまたま見つけて、めちゃくちゃおもしろいから実写化したい、と惚れ込んだ。実現するかもわからないような話を、2年間もかけて原作者の先生と話しながら作っていくって、なかなかあり得ないんですよ。それが何よりの証だと思います。僕自身も本当に原作が好きになって、1年間ずっと市川光央のことを考えていたので、これまでにないくらい愛情を込めた作品でもあります。

 作っている側ももう『ダブルミンツ』のファンなので、同じようにファンである方々の気持ちがわかるから、実写化することでその思いを裏切りたくなかった。リスペクトする原作にできるだけ近づけたいという思いでした。観ていただければその愛情は伝わると思うし、それを信じてやってきました。映画の中にはちゃんとふたりのイチカワミツオがいると思います。ひとりでも多くのファンの方に、ぜひ劇場で観てほしい。本当に、この気持ち、マジで伝わってくれ……!

(構成:斎藤 岬、撮影:荻窪番長)


■プロフィール
田中俊介(たなか・しゅんすけ)
1990年1月28日、愛知県生まれ。男性グループBOYS AND MENのメンバーとして、2010年にデビュー。グループとしての活動のほか、俳優としてテレビドラマや舞台、映画等で経験を重ねている。趣味は筋トレで、特技は雑誌を素手で引き裂くこと。

■作品情報
『ダブルミンツ』
2017年6月3日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー
公式サイト:http://d-mints.jp/
監督・脚本:内田英治
原作:中村明日美子
配給:アーク・フィルムズ、スターキャット

(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社

関連記事(外部サイト)