『エロマンガ先生』8話 女子中学生たちとお浴衣花火パーティ! 正宗のリア充加速、電撃文庫は遊びすぎ

『エロマンガ先生』8話 女子中学生たちとお浴衣花火パーティ! 正宗のリア充加速、電撃文庫は遊びすぎ

『エロマンガ先生』公式サイトより

──先週は千寿ムラマサ(せんじゅ・ムラマサ/演:大西沙織)と「殺す」だの「負けたらなんでも言うこと聞け」だのと、激しい対決をしていた『エロマンガ先生』。今週はデレッデレの夏祭り編です。オープニングに登場するムラマサも、顔真っ赤で照れている新バージョンに変わってますので見比べてみてください。かーずSPによる『エロマンガ先生』(TOKYO MXほか)の全話レビュー。今週は原作者・伏見つかさ脚本回ですよ。


■『俺の妹』の黒猫が登場

 浴衣姿の和泉紗霧(いずみ さぎり/演:藤田茜)。和泉正宗(いずみ まさむね/演:松岡禎丞)の褒め方が、
「浴衣姿かわいいなって。なんていうか、ムラマサ先輩みたいだ」

 女の子を褒める時は、他の子と比較しちゃダメ。小学生でも分かる地雷を踏みにいく鈍感ラノベ主人公、今週も健在です。

 でも「一番は紗霧だ」と伝えた時の紗霧。ムズムズするような、喜びを抑えきれない顔。我慢しきれずに脇をしめて両手のひらが舞う。どんどんと足を踏みしめている小さい身体。うれしそうに両手でほっぺを押さえるニヤけた顔。おそらく、紗霧の重要なカットを担当する「紗霧アニメーター」小林恵祐さんの仕事だと思われます。今週もブヒリティ(ブヒる+クオリティ)の高いシーン、ありがとうございます!

 原作は基本的に正宗視点なので、Aパートの紗霧視点はアニメオリジナルのエピソード。それを原作者の伏見つかさが脚本を手がけるという贅沢な回。ところが紗霧は、戸締まりするだけで精一杯の自宅警備員でした。そういや下着は正宗に洗濯させていました。この子、ほんとに将来やっていけるんだろうかって心配しちゃいますよ(謎の保護者目線)。

 一息ついた紗霧がテレビをぼんやりと観ていると、街頭インタビューをやっていました。そのインタビューに答えてるのは、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の黒猫!『エロマンガ先生』と『俺の妹』、同じ世界観の物語だったことはほぼ判明しました。

 黒猫こと五更瑠璃(ごこう るり/演:花澤香菜)には、二人の妹がいます。日向(ひなた/演:花澤香菜)と珠希(ごこう たまき/演:小倉唯)、それぞれ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』では小学5年生と1年生でした。成長期である日向と珠希がほとんど見た目変わってないので、『エロマンガ先生』も同時代っぽいですね。

 紗霧が浴衣なら、山田エルフ(やまだ・エルフ/演:高橋未奈美)は制服で登場。エルフが提案してきたのが『ラノベ天下一武闘会』の打ち上げでした。振ったムラマサと会うのが気まずい正宗に、エルフは諭します。

「『かもしれない』で悩むなんてバカらしいわ、一回話せば確定するんだからそうしなさいよ」

 はい名言きました! このポジティブ思考、超見習いたいです。『エロマンガ先生』はこんなタイトルですけど(伏見先生ごめんなさい)、前向き思考で、楽しく全力で生きるエルフには得るものが多いです。PHP文庫か幻冬舎あたりで、『超売れっ子作家・山田エルフに学ぶポジティブ思考術』とか刊行されてそう。帯には「売上は正義! 200万部作家からアンタたちも学びなさい!」とか煽ってるイメージで。


■電撃文庫、遊びすぎですよ!

 正宗が電話で、ムラマサ先輩を打ち上げに誘っています。そばにいる編集者の神楽坂あやめ(かぐらざか・あやめ/演:小松未可子)の、ドラえもんみたいな口元のニヤケ顔。それに気づいたムラマサが鳥肌ゾワゾワ顔。Aパートの紗霧も、ネットでエロいフィギュアをポチる時にニヘラ顔してました。今週の『エロマンガ先生』、変顔が多くて楽しい。

 正宗の家で開かれた打ち上げパーティー。一番手は獅童国光(しどう・くにみつ/演:島崎信長)ことシドー君。次いで着物姿のエルフとムラマサが到着。いや〜金髪に赤の派手な浴衣が似合ってます。ムラマサ先輩のおかっぱ髪が和装にぴったりで、日本人形のよう。このアニメ、30分だけで何回萌え死させようとするのか。今週は女の子たちのいろんな衣装が見られて、視覚的にも飽きさせません。

 ところで『天下一ラノベ武闘会』には他の参加者もいました。ですが残り二人は、小説家を諦めて田舎へ戻ったそうです(原作3巻52ページ)。女子中学生で220万部とか1,450万部とか聞いてると感覚がマヒしますけど、作家業の厳しい現実を軽く匂わせているのが業界モノらしい。

 お互いの夢を語りあうことになった正宗たち。エルフの「究極のラノベを書いて世界征服」を謳ったときのイメージシーンがアレな件。

『魔法科高校の劣等生』の司波達也(演:中村悠一)、『狼と香辛料』のホロ(演:小清水亜美)、『ソードアート・オンライン』のキリト(演:松岡禎丞)が次々と登場。でもなんでみんな悪堕ちしてんのよ! この一言だけのために豪華声優使いまくりじゃん! 一人、正宗に声そっくりな人がいるんですけど! ……はぁ、はぁ。公式のおふざけが過ぎて、ツッコミが追いつかん。
 Aパートの黒猫も加えて、電撃文庫オールスターズ。このお祭り感、劇中のお祭りイベントと相まって、賑やかで大変よろしい。

 ですが一点、問題が残ってます。ちょっと戻って、正宗がモテモテなことに嫉妬してキレるエロマンガ先生を眺めながら、シドー君がつぶやきました。

「いろいろって……男同士ですよね?」

 シドー君は、エロマンガ先生のことを男だと思っているわけです。それでエロマンガ先生の夢が
「好きなひとの、お嫁さんになりたい」

 と語っているわけです。つまりシドー君の中では、正宗のホモ疑惑が確信に近くなっているわけで……正宗の受難もまだまだ続きそうです。
(文/かーずSP)

関連記事(外部サイト)