『サクラクエスト』9話 田舎の人間関係の間合いを実感しつつ、水着で流されそうめん女子

『サクラクエスト』9話 田舎の人間関係の間合いを実感しつつ、水着で流されそうめん女子

『サクラクエスト』公式サイトより。由乃の流されそうめんは一体なんだったのか

――都会での仕事に憧れる20歳女子。就活全滅、限界集落寸前の田舎のよくわかんない独立王国の王様に就任させられて、町ぐるみの一大そうめんイベントを企画中。凛々子ちゃんの胸はあまり大きくならないでほしいと祈っているたまごまごが『サクラクエスト』(TOKYO MXほか)全話レビューお届けします。


■第9話『淑女の天秤』こんなに人集まったの初では

 C級グルメのイベントを開こうとしたところ、商店会の納涼会とブッキング、怒りを買ってしまった木春由乃(演:七瀬彩夏)たち観光協会。ベストな案を出すべく、勇気を出して名乗りをあげたのは、引っ込み思案な地元育ち・四ノ宮しおり(演:上田麗奈)だった。
 郷土の特産を生かしたいと考えたしおりは、イベント内容を参加型の「大そうめん博」に変更。誰でも創作そうめんを出品できるだけでなく、物産展ブースも設け、観光協会と商店会両方、町の人も観光客も、みんなが得をする仕組みを発案した。

 これには観光協会の門田丑松(演:斧アツシ)も、商店会会長の織部千登勢(演:伊沢磨紀)も納得。
 イベント当日、会場にはたくさんの人が来場し、大成功。
 観光協会の「よろこぶそうめん」は地元の人にとても褒められ、しおりは笑顔になるのだった。


■田舎住まいは間合いが大事

丑松「地元独特の間合いがあるからな。よそもんはよそもんらしく突き進めばいい」
 この発言を具体的に表現した回だ。

 田舎は密着しすぎた人間関係がめんどくさい、というのを前回描いていた。でもそれは、連携した時の力がすごい、ということでもある。
 地域によって間合いのとり方は違う。外から来た由乃がわからないのは、当然だ。

「間合い」というのは、おもねることではない。町の人の思いを尊重し、自分たちの新しい意思をはっきり言い、時にみなに相談して協力をあおぐこと、いうのがこの作品の考え方のようだ。

 千登勢は、イベントでしおりの考えた「よろこぶそうめん」を食べた時、「大分わかってきたじゃないか」とつぶやいている。
 彼女は「間野山を大切にしない」もの(チュパカブラとか)には断固反対するが、「文化を大切にしながら新しい風を入れよう」とする動きには反対していない。むしろ凛々子(演:田中ちえ美)の観光協会参加も、新規イベントへの自分たちの参加も、かなり前向きだ。

 さなざなな団体を、全部まわって企画参加の相談をする……というのはめちゃくちゃ大変。由乃がそれを間野山でやってのけたはすごい。勢いのある彼女だからできる仕事だ。
 一方しおりは地元のものを活かすことを優先し計画を練った。人の間を取り持てる彼女ならではだ。
 役割分担が明確化したことで、保守と革新のバランスをうまく取る、スタートラインが見えてきた。


■しおりの戦略はどこがよかったのか

 しおりの戦略が成功したのは、たくさんのポイントを丁寧にフォローしているからだ。

1・そうめん一本にしぼった
 地元特産のそうめんのみにしぼり、地産地消を視野に入れた。基本は「地元の人が味わい、交流し、楽しめる」お祭り、として計画を組み立てている。これに「物産展」を混ぜ込み、よりいっそう観光客へのアピールを付加し、商店会が儲かるよう案をたてたのは、丑松。やるな。

2・入場料とそうめん代無料
「間野山そうめん博」は、全ブースのそうめんが無料。すごい。
 あれこれ食べて選挙する、という盛り上げに火がつくのみならず、こうすると作る側も参加しやすい。「間野山保育園」「間野山消防団青年会」などが参加しているのは、お金が絡まないからだろう。

3・参加者のメリット
 参加した際に儲けがあるのかは、明示されていない。ただ「今後間野山の定番メニューとしてPRしていく」とアナウンスされているので、飲食店側のCM効果も抜群。役所の食堂に置いてもらえる、というのもかなり魅力的。たこやき屋など普通の出店があるので、そっちで稼ぐこともできるようだ。

 あらゆるところに話に行ったからなのか、協賛の札がたくさん下がっていた。町総ぐるみでここまで動けたのは、大進歩だ。


■富山の地元名産

 話題にあがったそうめんと昆布は、実際の富山県の名産品。特に昆布は富山中で推されており、とろろ昆布おにぎりは定番。昆布パンや昆布かまぼこなどもある。
 しおりが考えた「よろこぶそうめん」は、これら地元の素材を活かした物。
 優勝したのは「スパイシーそうめん生春巻き」だった。そんなん絶対おいしいよ……。

 ここが、前回8話の「C級グルメ」の語にかかってくる。
 そもそもB級とかC級は、自分たちで言うものではない。安い値段で日常的に食べられているものを、外から見て呼ぶのが、B級・C級グルメだ。
「スパイシー〜」はごちそう感が強い上に華やか。このようなイベントでは非常に目立つ。レストランなどにおけば、観光客を引きつけるパワーがある。「ココナッツミルクそうめんプリン」とか「ペペロンチーノそうめん」とか「カリカリかた焼きそうめん」とか、フェス感あるもんなー。

 一方で地味な、しおりの「よろこぶそうめん」は、家でいつでも簡単に作れる。名前も覚えやすい。
 もしこれが地元の家庭料理として定着していったら、本当の意味での「B級グルメ」となって、日本中に発信されていくはずだ。

 にしても由乃の「流されそうめん5DX」はひどかったな! 「食べ物を無駄にするな」って怒られるぞ。てかドクの濃度センサー付き自動つゆそそぎロボ、すごいよね?
 それはそうとアニメで言われる「水着回」をこれで消化したんですかね。
 ドクのラボで脱ぐシーンは大変えっちでした。ごちそうさまでした。

 由乃は「これはないわー」を他の4人にやって見せることで、そこまではやっちゃえる、みたいな安心感を与えている気はします。結構大事な役割。

(文/たまごまご)

関連記事(外部サイト)