『正解するカド』8話 人体に予期せぬ影響が現れる放送を流していいのか

『正解するカド』8話 人体に予期せぬ影響が現れる放送を流していいのか

『正解するカド KADO:The Right Answer 』公式サイトより

「利益よりも大事なものがあるからです。それが、ここです。宇宙」
『正解するカド KADO:The Right Answer 』(TOKYO MXほか)の8話。米光一成が全話レビューするよ。

■人体に予期せぬ影響が現れる放送 

「本放送中において、
異方に由来する特殊な物体が
映し出されます。
その視聴によって、人体に予期せぬ
影響が現れる可能性があります。
視聴を継続させる方は、
その点を何卒ご了承ください」

 ドーンと、テロップが、テレビ画面いっぱいに出る。
 すごい。
 これを、テレビの中の映像として描かずに、画面いっぱい直接出したインパクトは大きかった。
 その後の特別番組映像も、なかなかスリリングだった。

  こういった「けれん」のあるシーンは、おもしろい。
 が、それを支えるドラマ部分のリアリティレベルがバラバラなのは、とても残念だ。
 登場人物どうしで「有能だ」「有能だ」と褒めそやしているが、そういった人たちの行動がことごとく迂闊なのだ。


■武者小路実篤の『人間萬歳』は神の物語だ

 ヤハクイザシュニナが読んでいるのは武者小路実篤の『人間萬歳』。
 宇宙の神様が、自分の脳味噌の垢の入った命の水を垂らして地球に生物を誕生させる戯曲である。
 神と天使たちが「人間万歳」と大喜びするラストシーンを迎える。
「お前は……神なのか……?」という予告のセリフ(ヤハクイザシュニナを神だと言うセリフは、いままでに何度かでてきている)を考えると、シンクロしまくる物語をヤハクイザシュニナは読んでいるのだろう。
 武者小路実篤の描く登場人物たちがぽーかーんとしてる部分も、強烈にシンクロしている。

 その横で、脳に影響を与えるサンサの映像を流すかどうかを議論している言野匠チーム。
「体調を崩す人だって」と心配するメンバーもいるなかで、
 言野匠は、「俺たちは大丈夫だった」と言い出す。
 自分たちが大丈夫なら大丈夫という無茶な発想。しかも、そこにいる3人だけ、である。
「俺は平気だと思います。言野さんも感覚で判るでしょ」
 感覚で判るという無茶な発想。検証するという考えはないのである。
 「もしも、それだけじゃなかったら、どう責任を取れば」
 という人に対して、心配しすぎだと返す。
 心配する人と無茶な人しかいなくて、冷静に検証しようとする人がいない。


■検証せずにやりっぱなしの世界観

『正解するカド』に登場する人間は、「じっくり検証する」ということを、とにかくやろうとしない。
 一般的に、人体に影響がある映像となれば、だいじょうぶかどうか検証するだろう。
 だが、「感覚で判るでしょ」「(3人だけが)大丈夫だった」という判断で、結局、この人たちは、全国中継してしまうのである。
 無謀の極み。
 百歩譲って、現場は無謀者の集まりだって設定なのかなと思いきや、CEOを含む重役会議でもやることは同じだ。

「危険すぎる」「映像によるテロリズムだ」
 と大仰に否定する人と、
「流すべきです。もちろん事前に警告を出します」「ですが、最後の判断は個人。世界人類の意志に委ねたい」
 と無謀に突き進む人しか、いない。

「まず、検証しよう」と言い出す者はなく、まじめな顔と大袈裟な言葉で賛否の二択のみで議論を続ける。
「発信から逃げてはならない」
 と無責任なセリフが決め手となって、CEOは、全世界配信を決定するのだった。
「そもそも衛生とインターネットによる世界放送だ。おさえることなど誰にもできないだろう」と、日本の首相ですら、完全に無能だ。
 放送に合わせて警察救急に厳戒態勢をとらせたらしいので、悪影響があるいことを想定しているのに、止めようともしない。

「自身の哲学」という信条で、現実的な制約や検証を無視して、無謀と無駄なことをやりたいほうだいやるのが、このドラマの登場人物たちだ。


■沙羅花のデート戦略

 沙羅花さんも凄い。
“これ以上なく急を要する時期”だと分かっていて、
「どうか一日だけ真道さんを貸していただけませんか」
 と言う。何をするためか、何故なのかの説明はない。
 何をするかと思えば実家に連れて行くのだ。
 実家好きだな、このドラマ!
 何も聞かずに許可を出す関係者も関係者だが、真道も真道で、趣旨もわからずついていくのだ。ヒマか!

 親だって、結婚の報告だと勘違いする始末である。
 というか、親に連絡すらしてなかったのか。
「お父さんが勝手に勘違いしたんでしょ」
 連絡せずに男性と2人で実家に帰って、この言い分。
 いや、どういう反応があるかを想像しない「有能な交渉者」はいないだろう。
 とすると、これは沙羅花の策略。

 自分のドジっ娘ぶりを見せつけ、さらに「娘をよろしくたのむ」と親に土下座さて、真道を自分の側に引き寄せるためか。
 さらに、この後も、完全にデートコース。
 水族館、水上バス。
 ひとりで自分の思い出を語りまくる。
「交渉とは相手と理解することだと思っています」
 と言うのだが、これは、交渉というよりデート詐欺、色仕掛け戦略だ。
「利益よりも大事なものがあるからです。それが、ここです。宇宙」
とか言い出したときには、「真道、危ない、これは怪しい新興宗教の勧誘だ!」と助けたくなった。
 
 サンサの映像を観て頭をかかえて苦しんでいる街中の人々。
「サンサは、人類の新たな可能性を切り開きます。その先に待つものが、どうか異方とこの宇宙の幸福につながりますように」
 具体的な話はせずに、怪しい宗教家のようなことをいうヤハクイザシュニナ。
 世界的規模の訴訟が起きるぞ、これ……。

 ヤハクイザシュニナと「話をしてくる」と言って、酒を持っていく真道。
 カド、ワム、サンサそれに続く4つめは何か?
 ラスト、ヤハクイザシュニナが、ニヤッっていかにも悪い顔したので、次回、ひと波乱あるのか?
 ここから、ぜひグイグイ盛り上がってきてほしいです。
(文/米光一成)

関連記事(外部サイト)