『サザエさん』ノリスケとタラオに罵声が! お金をくすねるノリスケ、チクリ魔タラオと炎上コンビが安定のやらかし!

『サザエさん』ノリスケとタラオに罵声が! お金をくすねるノリスケ、チクリ魔タラオと炎上コンビが安定のやらかし!

アニメ『サザエさん』公式サイトより。

 6月4日にTVアニメ『サザエさん』(フジテレビ系)が放送され、いつもと同じようにネット民たちが楽しそうにツッコミを入れながら視聴していたので、ネットの声とともに内容を紹介したい。

 この日の放送で特に反響が大きかったエピソードが、作品No.7633の「ナミノ手ぶらの守(かみ)」。ネット上の一部では「ハイエナ」の異名で大人気のノリスケが主役の回だ。カツオはいつもノリスケが手ぶらで家に図々しく訪ねてくることから、ノリスケのことを「ナミノ手ぶらの守」と裏で呼んでいるのだという。「ハイエナ」行為が磯野家公認であったことが、シレッと明かされるという衝撃の事実からお話はスタート。

 このことを知ったノリスケは、後日磯野家に訪ねた時に、カツオとワカメに1,000円、タラオに500円のお小遣いをあげるなど、珍しく太っ腹な振る舞いを披露。これには「あれ、ハイエナのくせに良い奴じゃないか」「話せばわかるハイエナだったか」とノリスケを見直す声が。しかしノリスケは、タイコに自分が「手ぶらの守」と呼ばれていることを黙っていてほしいと頼み込む。現金なカツオは「これからはナミノ福の神って呼ぶことにするよ」と快諾した。

 ところがある日、タイコが磯野家に訪ねてきてサザエと談笑していると、タラオが「カツオお兄ちゃんが(ノリスケのことを)『天ぷらのカミ』って言ってたです」とあっさりと告げ口。タラオがネットで嫌われる要因の1つである「チクリ魔」っぷりを今週も発揮! 案の定ネット民は「まーたタラヲがチクりやがった!」「チクリきたああああ」「いっつも余計なことを」とタラオディスりを始める。勘の良いタイコは「天ぷらのカミ」だけで何かに気づきサザエを問い詰め、結局サザエは全てを話してしまったのだった――。

 話を聞いたタイコはノリスケに激怒。なぜそこまで怒るのかというと、実はノリスケが磯野家に訪問する際には、「手ぶらじゃ悪いから」と、いつもノリスケにお金を渡していたというのだ。つまりノリスケは手土産代をネコババしていたということ。これには「えー! ノリスケはやはりクズだった」「これは酷い、ハイエナを一瞬でも見直した俺がバカだった」「本当になんでこんな奴とタイコは結婚したんだろ」との声が上がっていた。

 次に反響が多かったのが作品No.7629の「歯医者さんに行こう」。夫婦2人でデートがしたいサザエとマスオは、タラオに歯医者に行ってくると嘘をついて外出。しかしこういう時だけ勘が鋭くなるタラオは、2人は歯医者に行っていないのでは、と思い始める。そしてカツオに歯医者に見に行くように要求するなど調子に乗り始めたため、ネットでは「自分で行けや!」「何様だよてめえ!」「サザエとマスオは今頃ラブホでお前の弟か妹作ってんだよ!」とツッコミ殺到。

 結局サザエのミスなどで2人が遊びに行っていたことを知ったタラオは、次にサザエが本当に歯医者に行く時でも用心深く付きまとうことに。このエピソードには「タラヲマジでうざいな」「今週でなんでタラちゃんがこんなに嫌われてるか少し理解できた」などといった声が上がり、今週の『サザエさん』は、ノリスケ、タラオがある意味しっかりと前評判通りの動きをしてくれた回であったようだ。

関連記事(外部サイト)