『アリスと蔵六』10話 紗名のモシャモシャ大ピンチで大観覧車出現、衝撃展開を原作と比較しながら解説

『アリスと蔵六』10話 紗名のモシャモシャ大ピンチで大観覧車出現、衝撃展開を原作と比較しながら解説

先週(9話)はこんなお話。アニメ『アリスと蔵六』公式サイトより

──このアニメを見ると、深夜にクレープが食べたくなるから困る。Blu-ray-BOXの宣伝が蔵六と内藤のダブルCV:大塚おっさんコンビでときめいたたまごまごが、『アリスと蔵六』(TOKYO MX)を全話レビューします。


■10話「小さな女王」紗名・イン・ワンダーランド

「私はモシャモシャするのが大嫌いなんだ!」

 原作・今井哲也、監督・桜美かつし、J.C.STAFF制作のアニメ。頑固爺さん蔵六(演:大塚明夫)の元にやってきた、妙な力を持つ少女・紗名(演:大和田仁美)を巡る物語。
 人の想像力を奪って操ることができる能力者の敷島羽鳥(演:内田秀)。彼女は自分が「悪い魔女」になったと思い込み、引きこもってしまう。それを心配していた親友の美浦歩(演:高橋未奈美)の目の前に、突然現れたチェシャ猫。歩は不思議な空間に落下してしまう。

 穴の底「ワンダーランド」には、赤の女王の格好をした紗名がふんぞりかえっていた。羽鳥と歩が人を操っていたと考え、こらしめようとしていたのだ。
 歩が元の世界に戻ってから、次に紗名が捕まえようとしたのは、羽鳥。時計ウサギにワンダーランドに誘い込まれた羽鳥は、自分の能力を発動させる。その途端、紗名が作ったお城は崩壊。「ワンダーランド」が暴走しはじめた。
 現実世界では能力を発現した人間が多発し、町のど真ん中に観覧車が現れ、非常事態になった。一条雫(CV:小清水亜美)と蔵六たちは、紗名と羽鳥の救出に向かう。


■ワンダーランド大暴走

 急激に話が展開したので、何が起きているのか、原作とどう違うのかを簡単に整理。

・紗名たちはどこにいるのか
 紗名がいるのは、かつて研究所で封印されていた「ワンダーランド」。紗名の想像力によって成長する空間であり、「ワンダーランド」が紗名という疑似人格を生み出した……というのが、現時点まででわかるアニメ版の表現。なので「ワンダーランド」は「場所」というよりは、紗名をも含んだ「現象」の方が正しい。
 元々「ワンダーランド」は研究所が管理していたが、ミニーC(演:能登麻美子)の事件で研究所は崩壊。その後一条や山田がいる内閣情報調査室が管理している。

・羽鳥が能力を使ったら崩れた理由
 羽鳥の「想像力を奪う」力は、紗名の「想像力で生み出す」力と完全に相殺することは、原宿の事件で判明済み。紗名と羽鳥がいた落書きのお城は、「ワンダーランド」内の、紗名が生み出した空間。相殺が起きたことで、紗名の作った空間だけが崩壊。成長中の「ワンダーランド」にはひずみが生じ、2人は「紗名の理解の範疇にない場所」に放り出され、外に出られなくなった。ちなみに、時計ウサギやチェシャ猫も「ワンダーランド」の産物。

・あの観覧車なんなの?
「ワンダーランド」は生物のような「現象」のため、あちこちに興味を示す。その際に外に開く窓のようなものが、「アリスの夢」になった人間が力を使う時に出て来る「鏡の門」。
 今回は2人が起こした異変で「ワンダーランド」が覚醒し、多数の人が無意識のうちに「アリスの夢」化した。そのうちの一人がたまたま観覧車を出したっぽい。
 原作では、同時多発「アリスの夢」化は全く別の出来事として起きており、羽鳥たちが困っている時にすでに多数の「アリスの夢」が存在。紗名と羽鳥のやり取りは無関係だったので、アニメ版の方が事件は深刻になっている。


■怖いはーちゃん

「ワンダーランド」の階段を登っている時、羽鳥はすごく幼い顔で、楽しそうに笑っていた。ところが紗名が「悪いヤツ」と言った途端、拳を握りしめて心を固く閉ざした。

「悪いやつだなんてそんなの、今更だわ。あなたなんかに私の気持ちはわからない。偉そうなこと言わないで」
「私は分かってて悪い子になったのよ。あなたにどうにかできるの?」
「私に仕返ししたいんでしょう? だったら早くしたらいいじゃない」

 開き直った彼女の語調は、ものすごく強い。この世界では万能だ、と信じている紗名を圧倒する。紗名は歩から「いい子」だと聞かされていただけに、モシャモシャが募る。

 ここでの羽鳥のすごみは、自傷行為だ。
 羽鳥は力のことと家族のことで、すっかり自暴自棄で引きこもっていた真っ最中。自分の心を落ち着かせるために、自分を悪いヤツだと傷つけ、歩を突き放す。それで心はどんどん蝕ばまれていく。悪循環だ。
 だからこそ、唯一の信頼できる相手である歩の話が出た時、彼女は激しく取り乱したのだろう。
 今もしっかりと羽鳥を信じている歩が、この事件と、羽鳥の心を解くカギになりそう。


■モシャモシャだらけ

 紗名は終始モシャモシャしっぱなしだった。
 この「モシャモシャ」は、彼女自身わかっていない曖昧な感情の総称。今までもずっとなんのことか説明されていないが、以前のモシャモシャと今回のモシャモシャが違うのは、間違いない。

 10話のモシャモシャのうちのひとつは「善悪の判断のつかなさ」のようだ。
 羽鳥は人の心を勝手に操った。それは断罪してもいいものなのか。事情があるんじゃないだろうか。紗名は結局モシャモシャしちゃったので、羽鳥を叱ることができなかった。
 こういうモシャモシャは、大人にも答えの出せないものだ。ただ、紗名は大人と違って「頭を切り替える」「視点を変える」ことができないから、感情が渋滞し、パニックを起こしてしまっている。


「子どもが帰れねえで困ってるんなら、迎えに行くのが大人の役目ってもんだろう」

 紗名たちを探しに立ち上がった蔵六のセリフ。
 行方のみならず、紗名と羽鳥の心のことも指しているような、頼もしいセリフだ。
 6話で迷子になった紗名を、蔵六が探しに行ったのともシンクロする。

「そういう時は前みたいに俺を呼べ」

 原作よりも事件が複雑化したアニメ版。これ、まとまるんだろうか。
 まあ蔵六がいれば大丈夫かな。ただのじいさんなのに、いるだけで安心がハンパじゃない。

(文/たまごまご)

関連記事(外部サイト)