古代文明の石像に隠された秘密とは!? 『世界の闇図鑑』第11話「地底からの呼び声」レビュー

古代文明の石像に隠された秘密とは!? 『世界の闇図鑑』第11話「地底からの呼び声」レビュー

アニメ『世界の闇図鑑』公式サイトより

 井口昇総監督の紙芝居アニメ『世界の闇図鑑』(テレビ東京ほか)。17日深夜放送の第11話は飯塚貴士が監督、吉田ウーロン太が脚本を担当。子供の頃に誰もがハマッたであろう「古代文明の石像」がモチーフになっている。イラスト担当は加藤礼次郎。漫画家である氏のキャリアが活かされた、躍動感とスリル溢れるイラストにも注目だ。早速あらすじを紹介しよう。


ケイト「すごーい」
クリス「これが何千年も前に建てられた石像かあ」

 ここは太平洋に浮かぶ小さな島「セントグラス島」。謎に包まれた古代文明の巨像があちこちに並んでいた。新婚旅行でこの島を訪れていたケイトとクリスは、ある女性と知り合う。女性は島に詳しいらしく、2人は彼女に案内を依頼した。
 サングラスに巨大な麦わら帽子、そしてワンピース。女性は島に似つかわしくない格好をしていた。

女性 「岸壁以外にも石像のある場所を知ってるわ。古代人はそこで愛を誓ったそうよ」

 ケイトとクリスはまだ結婚式を挙げていないこともあり、その場所に行ってみることにした。
 女性に連れられ辿り着いた先は、大きな洞穴だった。

女性 「この中で昔の人は愛を誓ったの」
ケイト「洞穴で結婚! ちょっとオシャレじゃない?」
クリス「ああ……」

 女性に導かれて奥に入ると、大きなホールらしき空間に出た。祭壇、そして白い石が敷き詰められた広い床。

ケイト「うわー、本当に結婚式場みたいじゃん……えっ!?」

 床が蠢いた。祈るような声もする。
 白い床だと思っていたものは、びっしり隙間なく並んで跪いていた、礼拝者たちの背中だった!

クリス「い、一体これは……」
女性 「ふふふふ……あななたちの光をちょうだい!」

 女性が声を上げると、礼拝者たちが一斉に立ち上がる。「光だ、光だ」とうめきながら。恐れおののくクリスとケイトの前で、女性はサングラスを取った。

 女性には目がなかった。
 礼拝者たちも同様だった。眼球も、眼窩もない。

女性 「私達は目が退化してしまったの。だからあなたたちが必要なの…」

 そう言うと、彼女は口から謎の液体を吐きかけた。液体を浴びたクリスとケイトは、みるみる石化していった。これまでの生贄と同じように、巨像にされてしまったのだ。

 地底人にとって、光を独占する人類は疎ましい存在だった。彼ら彼女らは人類を生贄として捧げ続けることで、いつか光を手に入れられると信じている――おしまい


 謎の石像は生贄にされた人類のなれの果てだった、というお話。普通といえば普通だが、イースター島の巨石像「モアイ」や、メキシコのマヤ文明の遺跡から発掘された「宇宙船が描かれているかのようなレリーフ」にグッときたことのある方には、「こういう素直なのが見たかった!」と思える内容ではないだろうか。また、地底人の造形や描写などは『ウルトラマン』第22話「地上破壊工作」に登場した地底人を彷彿とさせる。怪獣テレスドンを操ったあいつらですね。

 いよいよ次で最終回となる本作。どんなネタ、どんな演出で楽しませてくれるのか。最後の最後まで期待に胸が躍ります!
(文/JUP-ON STUDIO)

関連記事(外部サイト)