【アヌシー2017】『パトレイバー EZY』『PLUTO』新作情報ラッシュの裏で、あの作品は? 映画&Web同時配信作の是非を問う声も

【アヌシー2017】『パトレイバー EZY』『PLUTO』新作情報ラッシュの裏で、あの作品は? 映画&Web同時配信作の是非を問う声も

画像:「アヌシー国際アニメーション映画祭」公式サイトより

■『GODZILLA 怪獣惑星』『PLUTO』……『ルーのうた』以外にも注目作続々!

 6月12日から17日(現地時間)までフランス・アヌシーにて開催されたアヌシー国際アニメーション映画祭。長編部門で、湯浅政明監督の『夜明け告げるルーのうた』が、『平成狸合戦ぽんぽこ』以来、22年ぶりのグランプリ(クリスタル賞)に輝いたことが話題となった(記事参照)。

 賞の行方を占うコンペ作品の上映以外でも、事前に公開されていたプログラムには、『ゴジラ』シリーズ初のアニメ化として期待される『GODZILLA 怪獣惑星』や、久々の新作発表で国内外のアニメファンが驚かされた、『劇場版マジンガーZ』(仮題)の最新情報も公開されるとあって期待されていた。

 一方、映画祭で併催されている見本市「MIFA」では、ジェンコの出展ブースが注目を集めていたようだ。というのも、映画祭初日に新作タイトル『パトレイバー EZY』『PLUTO』のビジュアルがブースに貼りだされたため。『パトレイバー EZY』は『機動警察パトレイバー』シリーズの最新作、『PLUTO』は『鉄腕アトム』から「地上最大のロボット」を原案に浦沢直樹が描いたマンガを原作とするアニメだ。

 明らかにされたのは『パトレイバー EZY』『PLUTO』というタイトルと仮のビジュアルのみなので、詳細はまだまだ先の話になるという(ジェンコのプロデュース作品としては『この世界の片隅に』も知られるが、今回コンペの長編部門で審査員賞を獲得している)。

 反面、昨年メガヒットとなった『君の名は。』の名がコンペにないのを不思議に思う声も、ネット上では散見された。実はコンペにエントリーするには、フランス国内で未公開という条件がある。『君の名は。』は昨年末にフランス国内で一般上映されているため、エントリーの条件を満たさない(仮に昨年エントリーするにしても、締め切り時期には作品が完成していなかった)。

 なおコンペに関しては、5月に開催された“親元”のカンヌ国際映画祭で、映画の定義を改めて問いかける事態が発生していた(アヌシーは、カンヌからアニメーション部門が1960年に独立して現在に至っている)。フランスでは映画公開から36カ月はストリーミング配信ができないという法律があるのだが、さらにカンヌは来年からコンペのエントリーに際して、配信より先に映画館で上映するよう規約を改定した。

 つまり来年以降、Netflexが製作に関わった作品はカンヌに出品するためには、必ずフランスの国内で公開され、さらにその後3年も映像の配信ができない、ということになる。

 事の発端は、今回初めてカンヌの長編部門に配信大手の「Netflix」の出資作品(韓国とアメリカの2作品)がノミネートされたこと。問われたのは映画館での上映と配信を同時展開している点だというが、同様に制作へ出資している「Amazon」が協力的であったのに対し、「Netflix」とは折り合いがつかなかった。今後「Netflix」の出資作品が、カンヌにコンペのエントリーを許可されることはなさそう。


■作品制作に関わる環境・アプリも、意外な見どころ!?

 今回アヌシーでは『BLAME!』がコンペとは別に特別上映されている。この『BLAME!』は「Netflix」の出資作品であり、映画館での上映(日本国内)と配信が5月に同時展開された。「Netflix」には配信権を購入しただけの作品もあるとはいえ、カンヌの下した決断が、今後どのような影響を及ぼすのか、日本にも気が気でない関係者も多いのではないかと思われる。

 不穏な話で終わらせるのも辛気臭いので、このほかアヌシーで行われてきたことなどにも触れてみたい。カンヌ国際映画祭が映画館とストリーミングサイトとの共存に苦戦しているが、過去アヌシーでは、02年から06年までのコンペにインターネット部門が設けられていた。同部門の日本の作品としては、05年に『ペレストロイカ』(2作品)と『rien村物語』がノミネートされている。

 同部門で対象としていたのは単発の短編またはショートシリーズだが、それらは別でも部門が存在しているためか、実質上「Flash」で制作された作品かつ「swf(Flash形式の1つ)」で配信していた作品が主流であった。『ペレストロイカ』(2作品)と『rien村物語』も「Flash」が使用されたが、いずれの作品も制作には立体物も使われたのが特徴だ。

 ネットの回線が細かった時期のこと、「swf」の軽さは当時は重宝されたものの、その後のブロードバンド時代の到来で、バイパス技術であったかのように主役から退いた。そして現在は動画を含むコンテンツ配信の主流も「Flash」を介する形式から「HTML5」に移っている。それでもアニメの制作やアプリの開発など、ソフトとしての「Flash」(現:「Animate」)は、今も健在だ。

 アヌシーでは各プログラムの上映前に、観客が座席からステージに向けて紙飛行機を飛ばすのも“伝統”になっている。場内が暗転し、まず観客が目にするのは、フランスの名門校・ゴブランの在校生が制作したオープニングアニメーション。例年、映画祭の終了後にその映像が「YouTube」にアップされているので、レベルの高さを確認しておきたい。

 以前ゴブランの学校長のセミナーを聴講していたところ、制作に使っているソフトは2D手描きでは「Flash」、3DCGでは「Maya」が多いとのことだった。15年にアヌシーの長編部門で観客賞だった『Long Way North』も「Flash」で制作されたものだという。ディレクターを務めたのはゴブランの卒業生だった(本作は「東京アニメアワードフェスティバル2016」の長編部門でグランプリを受賞した)。

 ただ、さすがにフランスなだけあって「TVPaint」も圧倒的なシェアを誇る。日本でも、ここ数年でユーザー数を増やしている「TVPaint」はフランス製のソフト。デジタル作画としての利用もだが、作画用紙をスキャナーで取り込むと、タップ穴を自動的に揃えてくれる機能が重宝されている。

 このように作品だけでなく、作品を取り巻く環境の動向まで注視していると楽しみ方が変わってくるのではないだろうか。またアヌシーの会期中には、19年にアヌシーのアジア版を韓国で開催することも発表された。遠くて行きにくいと思っていた人にとって、朗報となったに違いない。
(取材・文/真狩祐志)

■アヌシー国際アニメーション映画祭
https://www.annecy.org/

関連記事(外部サイト)