「どんだけ怖いんだよ!」『名探偵コナン』でジンの兄貴が小五郎を異常に警戒しツッコミの声続出

「どんだけ怖いんだよ!」『名探偵コナン』でジンの兄貴が小五郎を異常に警戒しツッコミの声続出

アニメ『名探偵コナン』公式サイトより。

 6月24日、TVアニメ『名探偵コナン』(読売テレビ、日本テレビ系)の864話「霊魂探偵殺害事件(後編)」が放送されたのだが、黒ずくめの組織の幹部・ジンの発言に「小五郎のおっちゃんをまだ疑ってんのかwww」と大きな反響が上がった。

 例によって、コナンが小五郎のおっちゃんを眠らせたものの、コナンはいつもの蝶ネクタイ型変声機を落としてしまう。何とか謎の少女(領域外の妹)が“眠りの小五郎”に扮して推理を披露、犯人を突き止めるというイレギュラーな形で事件が解決した「霊魂探偵殺害事件(後編)」。

 ただし、視聴者が食いついたのは事件解決後の場面だった。夜の道路を走る車にジンとウォッカが乗っており、コナンたちが今回解決した事件について会話を交わすのだが、ジンは「気がかりなのは眠りの小五郎だ」と発言。「今朝のそのヤマ、奴がまた一枚かんでたらしいじゃねーか」と、小五郎が再び事件を解決したことを気にかけている。そして「暗がりに鬼をつなぐがごとく……(小五郎が)鬼だったとしたら、眠ってる間に始末しねぇとな」との発言と共にフェードアウトしていった。

 これにはネット上でも「おっちゃんを警戒しすぎワロタ」「どんだけあの小五郎が怖いんだよ(爆)」「お門違いですよ!」とツッコミの声が続出。中には「あの黒歴史を引きずってるんだな」との声も。

 ジンが小五郎を警戒するのは無理もなく、ジンはかつて小五郎に扮するコナンに追い詰められた経験をもっている。それは、昨年デジタルリマスター版に再編集し、4週にわたって放送された、06年放送の425話「名探偵コナン放送10周年記念超拡大スペシャル『ブラックインパクト!組織の手が届く瞬間』」でのこと。

 ふとした偶然が重なり、アナウンサー・水無怜奈の靴裏に仕掛けられた盗聴器から、彼女が黒の組織の一員・キールだということを知ったコナン。さらに、ジンとウォッカが政治家の暗殺を企てていることを知り、これを阻止すべく暗殺ポイントを探っていたのだが、ジンは無線にノイズが入ったことを機に、車に置いてあったキールの靴に付いた盗聴器を発見してしまう。

 しかしここでジンが疑ったのはコナンではなく小五郎。ジンは小五郎のことを「名探偵」と呼び、抹殺しようと試みる。これには当時の視聴者からも「気づいてくれ、おっちゃんはそこまで有能じゃないぞ!」「ジンの兄貴、買い被りすぎwww」「あのアホ面見たらおっちゃんは無関係だと思うだろ普通」といった声が続々。

 そんな視聴者の声が届くはずもなく、ジンはスナイパーのキャンティに小五郎の暗殺を指示する。結局小五郎はコナンの機転によって気づかないうちに助けられ、ジンたちは小五郎が盗聴器と無関係だったことを知るのだが、どういうわけかジンは「まだ毛利小五郎を完全なシロだとは思ってねぇ」とコメント。これには「ジンは小五郎好きだな」「おっちゃんは洗い立てのようなシロだぜ、ジン」といった声が相次いだ。

 どうしてもジンは小五郎を名探偵にしたいようだが、一体いつになったら自分の取り越し苦労に気づくのだろうか。

関連記事(外部サイト)