『正解するカド』12話 ヤハクィザシュニナです。惚れた男に娘がいて、そいつに殺されてしまったとです

『正解するカド』12話 ヤハクィザシュニナです。惚れた男に娘がいて、そいつに殺されてしまったとです

『正解するカド』公式サイトより

「情報を越えたもの……」
 『正解するカド KADO:The Right Answer 』の12話。茶番すぎてもう言いたいことすらないので、「おもしろかった!」という人は、ごめんなさい、愚痴しか書いてないので読まないでください、と願っている米光一成がヤハクィザシュニナになって最終回を嘆くよ。


■ヤハクィザシュニナです
 
 ヤハクィザシュニナです。
 惚れた男に子どもがいたことが発覚して、そいつに殺されてしまったとです。

 ヤハクィザシュニナです。
 前回のレビューで
“私が望んでいる物。それは、ただの交渉ではない。性交渉だ。”って
くだらない駄洒落を書いたのですが、
 本編が、「交渉じゃなくて性交渉に負ける」という展開になって驚いてます。

 ヤハクィザシュニナです。
 おまえらより37次元も上の存在だと言いましたが、しょせん痴話喧嘩で負ける男です。

 ヤハクィザシュニナです。
 37次元も上ってのが、そもそも厨二病っぽかったです。

 ヤハクィザシュニナです。
 真堂の馬鹿。

 ヤハクィザシュニナです。
 真堂の馬鹿馬鹿。

 ヤハクィザシュニナです。
 37次元も上の神のような存在だったのだけど、後半、ただの手が分離するだけのマジシャンみたいになって、申し訳なかとです。
 自分でも不思議です。

 ヤハクィザシュニナです。
Amazonレビューが荒れまくっております。
「どうしてこうなったの決定版」「期待を裏切られた」という星1つの書き込みが次々と。
 しかも、しっかりと長い批判テキストがたくさん。
 みなさんの期待に答えられず、申し訳なかとです。


■ヤハクィザシュニナです

 ヤハクィザシュニナです。
 いきなり巨大な立方体を出して、驚かしてやったんです。
 でも、日本人が、いきなり戦車で発砲してきたとです。
 まだ、それが何だかわからない状態なのに。
 あれが、乗り物だったり、異方存在そのものだったかもしれないのに。
 完全に宣戦布告、先制攻撃。
 無茶苦茶です。
 宇宙を滅ぼしてリセットしてやろうかと思いはしましたが、まだ第一話なので、がまんしました。
 こんなことになるのなら、あのときやっちゃって、一話で完結させとけばよかったとです。

 ヤハクィザシュニナです。
 そもそも登場人物が天才天才とお互いを褒め合ってましたが、まったく天才的な行動はしておりません。

 ヤハクィザシュニナです。
 沙羅花さんが「すべての策がつきたと思わせること」と言ったときは鬼かと思いました。
 最愛な人を無駄死にさせるのが策なのですから!
 怖い女。

 ヤハクィザシュニナです。
 しかも、さらなる高次元な超人娘が出てきて、私をぶっころすのです。
 どうして、真堂が死ぬまえに、出てこなかったのか。
 盛り上げるために、夫を殺させる妻と、父を殺させる娘。
 そっちのほうが怖いとです。

 ヤハクィザシュニナです。
 真堂が死んだとき、沙羅花さんが「イヤーーーーー」と叫ぶんですが、
 そのあと沙羅花さんは真堂の死は策略だと言い出すんです。
 あの「イヤーーーーー」はなんだったのか。
 迫真の演技に震えました。

■ヤハクィザシュニナです

 ヤハクィザシュニナです。
「ナノミスハインで相対時間をズラしたの。特定の領域ではこのわずかな時間で16年が経過したことになる」
 と沙羅花さんが言ったとき、「はっ、まさか」とリアクションしてしまいました。
 でも、私は、37次元も上位の存在で、もちろんナノミスハインを縦横無尽に使えるとです。
 時空を操ることが当たり前の存在なのだから、こんなこと予測ずみのはずなんです。
 気づかないわけがない。
「自転車で相対位置を移動したの。特定の領域ではこのわずかな時間で300メートル移動したことになる」
「はっ、まさか」
 あなたたちの感覚になおすと、こんな馬鹿なリアクションをしてしまったのです。
物語の都合というのは、怖いとです。

 ヤハクィザシュニナです。
 総理大臣が、かっこいい風に
「気を抜くな。やるべきことは変わらん。状況の正確な把握につとめ、国民の安全確保を徹底するのだ」
 と言うとりましたが、いっかいたりとも総理大臣は、状況の正確な把握につとめようとしておりませんでした。
 人体に予期せぬ影響が現れる放送を流されることも、しょうがないと諦めて、止めようともしませんでした。
 無策で気を抜きっぱなしな人が、マジメな顔で、カッコいいセリフを言うとは、政治家は怖かとです。

 ヤハクィザシュニナです。
 私が消えると、カドが消え、ワムが電力を失い、サンサによって得られたはずの異方感覚も失われ、ナノミスハインは突然と消え去ったのです。
 ワムは、形状でエネルギーを導き出していたので、能力が消えるはずはないんです。
むかしなつかしの特撮のワルがやられるとなぜか効力が消えるパタンをまだ使うのか? と驚いていたら、
 あっさり、あの超越娘がやらかしたことを、沙羅花さんが言い出すんです。
 ワムが電力を失って死んでいく多くの人のことはまったく描かれませんでした。
 ワムが登場した回で、ワムによって勉強する灯りを得ていた少年が描かれておりましたが、
 その少年の灯りを奪うことについて、あの人たちは、想像しないのでしょうか。考えてあげないのでしょうか。
 恐ろしかとです。

 ヤハクィザシュニナです。
 あの超越娘、私を消滅させてから「あいつはそんな悪いやつじゃなかった」って笑うの、ほんと、恐ろしかとです。

■ヤハクィザシュニナです

 ヤハクィザシュニナです。
 まあ、ワムの作り方が、このアニメを象徴していたのです
 ていねいに紙を折って、最後はバーーンって叩きつけて、はい、できました。
 いやいやいやいや、できません。

 ヤハクィザシュニナです。
 前回のレビューで言いたいことはもう言い尽くして、しかも、最終回がこの茶番ですから。
 もう、消えるしかなかとです。

 ヤハクィザシュニナです。
 あのクソダサい袖なし茶色スーツを見て、私が笑わなかったことだけは評価してください。

 ヤハクィザシュニナです。
 ヤハクィザシュニナです。
 ヤハクィザシュニナです。
(文/米光一成)

関連記事(外部サイト)