新興ラノベレーベルのアース・スターノベルが刊行100冊突破! 作家の能力は平均値以上?

新興ラノベレーベルのアース・スターノベルが刊行100冊突破! 作家の能力は平均値以上?

アース・スターノベル特設ページ

 2014年12月創刊のライトノベルレーベル・アース・スターノベルが、7月15日発売の『その者。のちに… 05』(著:ナハァト)をもって、刊行数100冊を突破したそうだ。

 アース・スターノベルは、高い人気を誇るユーザー・ジェネレイテッド・コンテンツを刊行するライトノベルレーベルだ。

 月間15億PVを誇る小説投稿サイトの「小説家になろう」の49万を超える作品の中から、総合累計ランキング11位の『私、能力は平均値でって言ったよね!』や15位の『人狼への転生、魔王の副官』を始め、選りすぐりの人気作品を積極的にリリースしている。

 今回、100冊突破記念をして、特設ページが開設されている。ファンはぜひアクセスしみてはいかがだろうか。


 「小説家になろう」からは『この素晴らしい世界に祝福を! 』『魔法科高校の劣等生』『Re:ゼロから始める異世界生活』『ログ・ホライズン』などのアニメ化された有名作品も多数ある。最近では『君の膵臓をたべたい』が一般文芸作品として話題となり、劇場公開もされた。アース・スターノベルからも近いうちにアニメ化作品が生まれるかも?

関連記事(外部サイト)