【マチ★アソビ18】藤田茜が阿波弁に挑戦! 「エロマンガ先生」公式ニコニコ生放送 「最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります 第10回@マチ★アソビ」

【マチ★アソビ18】藤田茜が阿波弁に挑戦! 「エロマンガ先生」公式ニコニコ生放送 「最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります 第10回@マチ★アソビ」

徳島の晴れ渡った空のなかでステージが行なわれた

毎年5月と10月に徳島市内で行なわれているアニメ・声優・ゲームファンの集まる総合イベント「マチ★アソビ」。「マチ★アソビvol.18」は2017年5月5日(金)〜7日(日)にかけて行なわれ、5日の新町橋東公園ステージでは、現在放送中のテレビアニメ「エロマンガ先生」の公式ニコニコ生放送番組の中継が行なわれました。和泉紗霧役の藤田茜さん、原作者の伏見つかさ先生、電撃文庫の編集者・三木一馬さん、アニプレックスの柏田真一郎プロデューサーが登壇しました。

本当は4月中に行なわれる予定だったというニコ生放送でしたが、諸事情により5月にずれ込んでしまったとのこと。しかし、この日もいつもの番組のノリで、集まったファンと一緒にタイトルコールからスタート!

最初は三木さんが、藤田さんの所属するアイドルユニット「Tokyo 7th シスターズ」のライブ会場に潜入し、「フラワースタンド(祝い花)」を贈った映像を公開。別作品での心遣いに若干苦笑いの藤田さんでしたが、感謝のコメントで応えていました。

そして、藤田さんの地元・静岡での凱旋イベントも発表。さらに11月12日(日)に舞浜アンフィシアターで行なわれるイベント「エロマンガFes」に主題歌を担当するClariSとTrySailの出演が決定し、ファンから大きな歓声があがりました。

「伏見つかさ11周年突入記念企画 進捗コーナー」では6月17日(土)に伏見先生によるネットサイン会(予約者へのサインを書いているところをネット中継で配信し、サインは商品と後日送られるという企画)が行われることが発表。

また、先生の作品である「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のPSPソフト「俺の妹がこんなに可愛いわけがないポータブル」で先生自らが脚本を務めた新垣あやせのシナリオを加筆修正した小説が発売されること、さらにNTTとドワンゴが開発した「なりきり質問応答」というサービスを利用した対話AI育成計画「俺の嫁(あやせ)がこんなに可愛いわけがない」も発表されました。「対話AI育成計画」はあなたが「あやせだったらこういう会話をするのでは?」と思う、あやせに聞きたいことを質問し、彼女になりきってその質問に答え、そのやりとりに対してユーザーから「ポイね!」をたくさんもらえるとデータがインプット。たくさんの応答によってあやせのAIが育つ、というファンにとっては夢のような企画となっています。詳細、続報はニコニコ生放送「伏見つかさチャンネル」にて随時更新予定です。

最後は「藤田茜 清純派育成計画」(マチ★アソビ特別版)。徳島県出身三木さんお墨付きの阿波弁(徳島弁)のセリフを藤田さんがかわいく言う、という企画で「あんたのこと好きやけん、付きおうてくれんの?」などのちょっぴり恥ずかしいセリフを披露。ニコ生のアンケート機能でも9割を超えるリスナーから支持を得ていました。

ニコニコ生放送 「最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります」は、次回は5月26日(金)放送予定となっています。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)