傷心のルリアの前に現れたのは…?「GRANBLUE FANTASY」第10話の先行カットが到着

傷心のルリアの前に現れたのは…?「GRANBLUE FANTASY」第10話の先行カットが到着

第10話「解離」より

テレビアニメ「GRANBLUE FANTASY The Animation」第10話のカットとあらすじが到着しました。

<第10話「解離」あらすじ>エルステ帝国に攫われたルリアを捜し、グランはアウギュステの街を駆ける。同じ頃、帝国軍により騎空艇の発着場が制圧され、ルリアを連れたポンメルンはアウギュステを発とうとしていた。帝国軍の蛮行に街の人々は傷付き、責任を感じて胸を痛めるルリア。そんな彼女をポンメルンは「破壊のための道具」と呼び、さらに苦しめる。今まさに帝国の軍艦へと乗り込もうとした刹那、立ち塞がる帝国兵を薙ぎ払いルリアの元へグランが駆け付ける。混乱を極めるアウギュステの海に、さらに轟音とともに巨大な水柱が上がった。現れたのは島の守り神とされる、水の星晶獣・リヴァイアサン。突如現れた巨大な竜は、軍艦もろとも街を破壊し始めるのだった。[脚本:滝澤直、絵コンテ:神戸守、演出:堀口和樹、総作画監督:井本由紀]

第10話「解離」は、6月3日(土)24時からTOKYO MXなどで放送されました。また、dアニメストアなどで配信されます。

本作は、ゲーム登録者数が1400万人を越える大人気ソーシャルゲーム「GRANBLUE FANTASY」を、伊藤祐毅監督、A-1Pictures制作という布陣でアニメ化。閉ざされた島・ザンクティンゼルで生まれた少年グランが、とある事情で軍事国家・エルステ帝国から追われる蒼い髪の少女・ルリアと出会うところから物語が始まります。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)