「僕のヒーローアカデミア」第26話の先行カットが到着。重傷の兄を思う飯田天哉は…。

「僕のヒーローアカデミア」第26話の先行カットが到着。重傷の兄を思う飯田天哉は…。

第26話「名前をつけてみようの会」より

テレビアニメ「僕のヒーローアカデミア」第26話(新シリーズ第13話)の先行カットが到着しました。

<第26話「名前をつけてみようの会」あらすじ>雄英体育祭が閉幕。テレビ中継されていたことで、緑谷出久ら1年A組の生徒たちは一躍有名人に。そんな彼らの次の授業では、生徒が自分のコードネーム、いわゆるヒーロー名を考えることになった。プロとして活躍するヒーローの仕事に同行する「職場体験」をするためだ。生徒それぞれがテンション高くヒーロー名を披露していく中、重傷の兄インゲニウムのことを思う飯田天哉は複雑な表情で…。そして、出久にはあるプロヒーローから職場体験の指名が入り……。

第26話「名前をつけてみようの会」は、6月24日(土)17時30分から読売テレビ・日本テレビ系 全国29局ネットで放送(※一部地域を除く)。Hulu・dTV・アニメ放題・dアニメストアで見放題になる他、各配信サービスで配信されます。

また、この回で初登場するキャラクター・グラントリノのキャラデザインが解禁。グラントリノは、出久の憧れであるNo.1ヒーロー・オールマイトの師匠にあたるプロヒーローです。

キャストを務めるのは、「名探偵コナン」シリーズの阿笠博士役や「忍たま乱太郎」しんべヱのパパ役などを演じる緒方賢一さん。緒方さんはグラントリノを演じるにあたって、「緑谷出久を一端のヒーローに育てるために、限りない体験を通して、人も技術も磨き上げてゆく。私の老人パワーが続く限り」とコメントしています。

テレビアニメ「僕のヒーローアカデミア」は、累計発行部数が700万部を突破した、堀越耕平さんのコミックスが原作。総人口の約8割が何らかの超常能力“個性”を持つ世界で、ヒーロー輩出の名門・雄英高校に通う少年・緑谷出久の成長とともに、仲間たちの友情や、“個性”を悪用する犯罪者・敵<ヴィラン>との戦いが描かれます。2016年に放送された第1期に続き、2017年4月から第2期が放送中。7月からは2ndクールに突入します。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)