「ゼロから始める魔法の書」第12話先行カットが到着。ラストで降りかかるゼロたちへの危機とは?

「ゼロから始める魔法の書」第12話先行カットが到着。ラストで降りかかるゼロたちへの危機とは?

第12話「ゼロから始める魔法の書」より

テレビアニメ「ゼロから始める魔法の書」の第12話先行カットとあらすじが到着しました。

<第12話「ゼロから始める魔法の書」あらすじ>アルバスとホルデムの危機を救ったゼロは十三番の企みの全てをアルバスに告げる。ソーレナを死においやった原因をつくった十三番を許すことができないアルバスだが、作戦の成功には十三番の協力が不可欠だった。詠月の魔女ソーレナの直系として、アルバスはある決断を下す。そしてついに、はぐれ魔女、騎士団、ゼロの魔術師団のそれぞれの思惑による戦いが始まった。その時、封魔の儀式を進めるゼロたちの身に最大の危機が迫っていた。

第12話「ゼロから始める魔法の書」は、6月26日(月)23時30分からのAT-Xを皮切りに、TOKYO MX・tvk・サンテレビ・KBS京都・BSフジなどで放送。また、AbemaTVで最速配信される他、niconico(ニコニコ生放送/ニコニコチャンネル)などで配信されます。

アニメ「ゼロから始める魔法の書」は虎走かけるさんによる、第20回電撃小説大賞の大賞を授賞した人気ノベルが原作。使い方によっては世界を滅ぼしてしまうほどの大きな力を持つ魔法の書“ゼロの書”を求め、世間知らずの魔女・ゼロと、名も無き獣の傭兵が旅に出る王道魔導書ファンタジーです。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)