TVアニメ「Dies irae」が10月から放送決定!福原綾香・生天目仁美出演のラジオ風ドラマもスタート!

TVアニメ「Dies irae」が10月から放送決定!福原綾香・生天目仁美出演のラジオ風ドラマもスタート!

テレビアニメ「Dies irae」の放送開始が10月に決定し、ティザービジュアルが公開

テレビアニメ「Dies irae」が10月から放送決定。アニメ公式Twitterが開設され、公式サイトでは連続ラジオ風ドラマの連載もスタートしました。

ゲーム作品だった「Dies irae」は、クラウドファンディングでアニメ化プロジェクトの支援を募ったところ、クラウドファンディング最高額を記録。アニメでは、首を斬り落とされて殺される無差別連続通り魔事件が多発する“諏訪原市”を舞台に、ごく普通の学生・藤井蓮が、戦わなければ生き残れない現実を前に、平凡な生活を取り戻すために奔走する物語です。

公開されたティザービジュアルには、藤井蓮(CV:鳥海浩輔さん)やラインハルト・ハイドリヒ(CV:諏訪部順一さん)など、聖槍十三騎士団の姿が描かれています。

6月29日(木)からは、アニメ公式サイトで、SDキャラがぬるぬる動く連続ラジオ風ドラマ「いらっしゃい雑念寺」(全18回)の連載がスタート。藤井連をはじめ、藤井蓮の幼なじみでクラスメイトの綾瀬香純(CV:福原綾香さん)や、2人と同じ学校に通う先輩の氷室玲愛(CV:生天目仁美さん)が登場。本編とは異なる“超絶まったり空間”が描かれます。

「いらっしゃい雑念寺」のシナリオは、原作ライター・アニメ脚本シリーズ構成を務める正田崇さんが書き下ろし。聖槍十三騎士団の面々も続々登場する予定です。

この記事の続きを読む