「Fate/stay night[Heaven’s Feel] I.presage flower」より、第一章の予告編第二弾が公開!

「Fate/stay night[Heaven’s Feel] I.presage flower」より、第一章の予告編第二弾が公開!

劇場版「Fate/stay night[Heaven's Feel] I.presage flower」第一章の予告編第二弾が公開!

10月14日(土)公開の劇場版「Fate/stay night[Heaven's Feel] I.presage flower」第一章より、予告編第二弾が公開。7月1日(土)に放送されたテレビアニメ「Fate/Apocrypha」第1回の終了後に、90秒のスペシャルCMとして初放送されました。

予告編第一弾とは打って変わって、様々なサーヴァントが登場するバトルシーンが描かれ、激しい聖杯戦争の幕開けを予感させます。

また、公式サイトがリニューアルされ、スタッフ・キャストの新情報が公開。ストーリーやキャラクター紹介ページなどもオープンしています。

ここでは、スタッフ・キャスト陣から届いた、今作に向けたコメントの一部を紹介。なお、これらは公式サイトで公開されています。

<原作・奈須きのこさん(TYPE-MOON)コメント>

「『Fate/stay night』最後の章。当時、多くの物議を醸し出した問題ルートが映像化されます。気持ちのいい剣戟伝奇の後に待っていたのは人と人の、男と女の話でした。そこには目を奪うド派手な展開はなく、颯爽と登場するヒーローはおらず、加害者と被害者は曖昧で、状況は少しずつ深刻化し、振り向けば出口は塞がっている。明るい場所に向かって歩いて行く話ではなく、暗い洞穴に自分の足で降りていく話。これは作る側にも観る側にも多大なエネルギーを必要とする物語です。どうか、その消費に足る映像作品でありますように。泥のような闇の中にも、救いは確かに」

<キャラクター原案・武内崇さんコメント>

「いよいよHeaven's Feelが公開に向けて動き出しました。須藤監督そしてufotableさんとは『空の境界』以降10年のお付き合いとなりましたが、その1つの到達点になりそうな予感がしております。いろいろな場所、いろいろな形で広がり続けているFateという作品世界。その原点となる物語の最終章が、最高純度の映像作品として新生する日を楽しみにしております」

<監督・須藤友徳コメント>

「2004年に発売され、たくさんの人々に長く愛され続ける作品を、2017年に映画化させて頂く――。今だからこそ描けるもの、気付けるものを、『空の境界』『Fate/Zero』『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』の経験とチームワークを結実させ、日々制作しています」

<衛宮士郎 役・杉山紀彰さんコメント>

「Fateの持つ魅力の一つ、3つめのルートが劇場版作品として初の映像化ということで関係者やファンの方々のみならず、出演者の皆さんからも熱望されてきたこの作品に、引き続き関わらせて頂けたことが本当に幸せです、『士郎が出したもう一つの答え』ぜひ劇場で見届けてください!!」

<間桐桜 役:下屋則子さんコメント>

「桜との出会いから10数年。素晴らしいスタッフの皆様と共にHFの映像化の夢を実現することが出来とても幸せです。長い間色々な形で桜を演じさせていただいて来ましたが、今回の劇場版では改めて一から桜と向き合い、新たな気持ちで挑みました。桜と共に悩み苦しみ、三部作を駆け抜けたいと思います」

本作は、2011年から2012年にかけて放送されたテレビアニメ「Fate/Zero」、2015年からサービスが開始されたゲーム「Fate/Grand Order」などで多くのファンを持つ「Fate」シリーズのひとつ。シリーズの原典である「Fate/stay night」第3のルートを、全3章で劇場アニメ化します。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)