「バチカン奇跡調査官」第1話先行カットが到着。世界中の“奇跡”の真偽を調査する奇跡調査官

「バチカン奇跡調査官」第1話先行カットが到着。世界中の“奇跡”の真偽を調査する奇跡調査官

第1話「主の支えによりて我は目覚める」より

テレビアニメ「バチカン奇跡調査官」第1話の先行カットとあらすじが到着しました。

<第1話「主の支えによりて我は目覚める」あらすじ>世界中の“奇跡”の真偽を調査する奇跡調査官、平賀・ヨゼフ・庚とロベルト・ニコラス。彼らはサウロ大司教から、セント・ロザリオ教会の調査を命じられる。それは「神の子を宿した」と主張するシスター・ドロレスの処女受胎の真偽と、悪魔崇拝疑惑を裏付ける「蛇の割り符」の片割れを見つけ出すというものだった。現地で調査を始めた2人は、教会に不穏な空気があることを感じとっていた。

第1話「主の支えによりて我は目覚める」は、7月7日(金)22時30分からWOWOWで最速放送されるほか、TOKYO MX・KBS京都・テレビ愛知・サンテレビ・BS11・TVQ九州放送・AT-Xで放送。また、7月12日(水)からAbemaTV、7月13日(木)からdアニメストアで配信されます。

テレビアニメ「バチカン奇跡調査官」は、シリーズ累計100万部を突破する藤木稟さん著のミステリー小説が原作。天才科学者の平賀と古文書・暗号解読のエキスパートであるロベルトが、バチカン所属の「奇跡調査官」として、世界中の謎を解き明かしていきます。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)