「賭ケグルイ」第2話先行カットが到着。2000万円を賭けた“ダブル神経衰弱”

「賭ケグルイ」第2話先行カットが到着。2000万円を賭けた“ダブル神経衰弱”

第2話「つまんない女」より

テレビアニメ「賭ケグルイ」第2話の先行カットとあらすじが到着しました。

<第2話「つまんない女」あらすじ>夢子に負けたことでクラスメイトから家畜のように扱われる芽亜里。鈴井はポチミケ制と呼ばれるこの階級制度を始めたのは生徒会長の桃喰綺羅莉であり、彼女が率いる生徒会は学園最強のギャンブル集団だと夢子に語る。しかし少しも怖がる様子を見せない夢子。そんな彼女の活躍を聞きつけた1年生の生徒会役員・皇伊月が、2000万円を賭けた“ダブル神経衰弱”で夢子に勝負を挑んでくる。[シナリオ:小林靖子、絵コンテ:林 祐一郎、演出:小林孝志、総作画監督:秋田 学、作画監督:北村友幸・川島 尚]

第2話「つまんない女」は、7月8日(土)22時からのTOKYO MXを皮切りに、MBS・テレビ愛知・RKB毎日放送・BS11で順次放送。また、Netflixで毎週日曜に配信されます。

「賭ケグルイ」は、月刊ガンガンJOKERで連載中の人気コミック。物語の舞台は、勉強や運動ではなく“駆け引き”“読心術”“勝負強さ”とギャンブルの強さですべてが決まるという、日本政財界有力者の子女が集う名門・私立百花王学園。ギャンブルによる階級制度(ヒエラルキー )で支配され、その頂点には絶対的権力を誇る「生徒会」が君臨する学園で、賭けるモノは“大金”“カラダ”、そして“人生”。そんな中、主人公となる謎多き転校生・蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ)の登場で、学園の階級制度に異変が起きていきます。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)