「異世界食堂」第2話先行カットが到着。曾祖父が通っていた廃坑の秘密は…?

「異世界食堂」第2話先行カットが到着。曾祖父が通っていた廃坑の秘密は…?

第2話「メンチカツ/エビフライ」より

テレビアニメ「異世界食堂」第2話の先行カットとあらすじが到着しました。

<第2話「メンチカツ/エビフライ」あらすじ>

「メンチカツ」…「今日はドヨウの日、廃坑に行く」。曾祖父の日記に何度もあった記述を頼りに訪れた廃坑の奥で、トレジャーハンターのサラは謎の扉を見つける。意を決して開けた扉の向こうには、見たこともない“料理屋”があった…。

「エビフライ」…救援を呼ぶため、魔物に急襲された砦から飛び出したハインリヒだったが、毒にやられた馬も途中で倒れ、自身も道半ばにして倒れようとしていた。最後の力を振り絞り神に祈ったその瞬間、猫の看板がかかった謎の扉が現れた…?[脚本:神保昌登、コンテ:小寺勝之、演出:小柴純也]

第2話「メンチカツ/エビフライ」は、7月10日(月)25時35分からのテレビ東京を皮切りに、BSジャパン・AT-Xで順次放送。また、TSUTAYA.TVなどの配信サービスで配信されます。

アニメ「異世界食堂」は、「小説家になろう」で好評を博し、2015年2月にヒーロー文庫より書籍化された累計30万部突破のファンタジー小説が原作。オフィス街の一角にある創業50年の食堂“洋食のねこや”は、異世界から訪れた文化も種族もバラバラな人々が分け隔てなく料理に舌鼓をうつ不思議な空間。この店を舞台に、異世界と現代、食堂に集う人々と店主、そして料理との一期一会を温かく描いていきます。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)