onでもoffでも同じポロシャツを使いまわそう

onでもoffでも同じポロシャツを使いまわそう

onではビジネスシーンの基本であるスーツを意識して

ファッションブロガーのMBと申します。2014年・2015年度の部門大賞に続き、2016年度はまぐまぐ総合大賞を受賞したメルマガ「最も早くオシャレになる方法」などを中心に、誰でもわかる「おしゃれの教科書」的な情報を発信しています。

■ ■ ポロシャツをonでもoffでもつかう方法

この時期、サラリーマンは皆「クールビズ」、仕事着としてポロシャツは欠かせないはずです。しかし、もともとポロシャツはビジネス用ではなく、カジュアルな日常着としても使えるもの。購入した1枚が仕事でも日常でも使えたらお得ですね。そこで今回は日常用と仕事用での「ポロシャツの着まわし方」をレクチャーしましょう。

まずは仕事用に着るポロシャツ。クールビズだからといって「カジュアルを混ぜれば良いんでしょ?」「ラフにすれば良いんでしょ?」と曲解してはいけません。ビジネスシーンで格好良く見せたいのなら、なるべく完成形である「スーツ」から遠ざからないことが重要です。

変なチェック柄の入ったポロシャツや、日常着のようにルーズなシルエットのスラックスや、装飾の入りすぎた革靴などでは格好悪く見えちゃうことも。大事なのはビジネスシーンらしく「スーツ」を模倣して、「シンプル」「細身」を徹底すること。すると礼服のようなキメた印象を出すことができて、「仕事ができるビジネスマン」を演出できるのです。

ポロシャツだから、とラフにするのではなく、スラックスは細身シルエットを選び、色合わせは黒やネイビーなど引き締まって見えるダークトーンを選ぶこと。また、足元もサンダルやサボではなく、細身の革靴を選ぶこと。そうすることで「ラフなポロシャツでもスラリと格好良い印象」を与えることができます。

■ offではキメすぎに気をつけよう

ビジネスシーンではややラフな印象の、シャツの代用品となる「ポロシャツ」ですが、日常着にとしては少しカッチリとした印象に。のっぺりとした首元のTシャツなどと比べて、シャツライクなエリのあるポロシャツは大人っぽい印象に見られます。

そこで日常着として着用する時は休日らしく、カッチリとさせて「キメすぎ」「嫌味」にならないように、カーゴパンツやデニムなどを合わせても良いでしょう。ビジネスは「スーツ」という完成形がありますが、日常着にはありません。日常着はキメすぎにも崩しすぎにもならないような「バランス」が必要。ですからカッチリとした印象のポロシャツには、どこかに「カジュアル」なものを合わせるのが効果的です。

今回はカーゴポケットがついた短パンを使い、かなりカジュアルに見せています。ポロシャツならこんな風に上下で帳尻を合わせるのが楽です。

ただし、あまり崩しすぎにもならないように、短パンなどの場合は足元はレザー製の靴を持ってくると良いでしょう。サンダルを選ぶとしてもビーチサンダルではなくレザーサンダルを使うように。

日常着としてもビジネス着としても使えるポロシャツ。着こなし方はこれ以外にもいろいろありますので、上を参考に手持ちの服でもコーディネートしてみてください。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)