【恒例1万円コーデ講座】黒シャツで洗練された夏のコーデを!

【恒例1万円コーデ講座】黒シャツで洗練された夏のコーデを!

ドライコンフォートフルオープンポロシャツ(半袖)

ファッションブロガーのMBと申します。2014年・2015年度の部門大賞に続き、2016年度はまぐまぐ総合大賞を受賞したメルマガ「最も早くオシャレになる方法」などを中心に、誰でもわかる「おしゃれの教科書」的な情報を発信しています。 

編集部より経費1万円をGETしてきてオシャレをするこの好評企画。今回はシャツを使った夏スタイルを紹介します。

■ 夏場は黒シャツを使って短パンの子供っぽさを打ち消そう!

短パン・Tシャツなど、夏はカジュアルで子供っぽくなりがちな季節で、オシャレからは遠のいてしまうものです。「だからシャツを着ましょう」と言われても、シャツ生地は蒸れやすくて暑苦しい。しかも、ただでさえシャツはインナーを着てから「羽織る」ものですから、二枚重ねることになり暑さに我慢できなくなってしまいます。

・ドライコンフォートフルオープンポロシャツ(半袖)(ユニクロ・2990円)

そこで今回おすすめしたいのが、この「ユニクロ・セオリー」のシャツ。こちらはポロシャツ素材、いわゆる鹿の子素材を使っていて通気性は抜群。軽く薄手の鹿の子素材なので、シャツどころか一般的なポロシャツよりも涼しく快適。さらに裏地は汗でまとわりつくことのない速乾冷却素材を使っています。「夏場のシャツ」という我慢比べ的なおしゃれアイテムもコレなら問題なく着用できます。

「黒シャツ」が使えれば夏の着こなしは一気に洗練されます。Tシャツよりもシャツ、白シャツよりも黒シャツの方が気取った大人びた印象が付与されるもの。春や秋に細身のパンツなどと合わせてしまえば「嫌味」にもなりますが、夏のカジュアルな短パンスタイルなどに合わせるのなら、このくらいの「気取った印象」がちょうど良いというものです。

今回のコーディネートでは、どう頑張ってもパジャマっぽく見えてしまう「グレーのスウェットパンツ」を合わせてみました。短パン・カーゴパンツ・スウェットパンツなど、どうしても野暮ったくラフな印象があるパンツには、こんな風に「黒シャツ」がおすすめです。色気もあり夏のデートスタイルにもちょうど良いでしょう。

このアイテム、袖がちょっと長めで少しだらしない印象があるので、2度ほどロールアップしてスッキリ見せるとさらにスタイリッシュに見えるでしょう。是非試してみてください。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)