不朽の名作「バジリスク」の新章、「バジリスク 〜桜花忍法帖〜」がTVアニメ化決定!

不朽の名作「バジリスク」の新章、「バジリスク 〜桜花忍法帖〜」がTVアニメ化決定!

公開されたキービジュアル

忍法殺戮合戦が多くの人を魅了した、不朽の名作「バジリスク」。その新章「バジリスク 〜桜花忍法帖〜」のTVアニメ化が決定しました。

前作にあたる「バジリスク〜甲賀忍法帖〜」は、日本を代表する小説家・山田風太郎さんが1958年から発表した忍法帖シリーズの処女作、「甲賀忍法帖」を元に、せがわまさきさんがコミカライズした作品。2005年にはTVアニメが放送され、昨今においてもその人気は衰えることなく、さらには重厚で緻密な映像クオリティが、改めて評価されている不朽の名作です。(コミックスは全5巻。売上累計170万部を記録)

そして昨年、「甲賀忍法帖」の続編にあたる新章小説「桜花忍法帖 バジリスク新章」(著:山田正紀)が刊行され、さらに7月24日(月)発売のヤングマガジン34号より新連載も決定しています。

前作「甲賀忍法帖」は、憎しみ合う甲賀と伊賀の精鋭忍者たちが10対10の敵味方に分かれ、超人離れした忍術で徳川家世継ぎのための殺戮合戦が繰り広げられました。今回の新章「桜花忍法帖」は、その「甲賀忍法帖」の時代より10年後の寛永3年が舞台となっています。

TVアニメ化情報と合わせて公開されたビジュアルには、甲賀五宝連を束ねる少年、甲賀八郎。そして伊賀五花撰を率いる少女、伊賀響の2人が描かれています。

この記事の続きを読む