「バチカン奇跡調査官」第2話先行カットが到着。セント・ロザリオ教会で次々と殺人が!

「バチカン奇跡調査官」第2話先行カットが到着。セント・ロザリオ教会で次々と殺人が!

第2話「存在のかぎりなき不安」より

テレビアニメ「バチカン奇跡調査官」第2話の先行カットとあらすじが到着しました。

<第2話「存在のかぎりなき不安」あらすじ>セント・ロザリオ教会で、神父の1人が殺された。翌日、マリア像が涙を流し、寄宿学校では学生のマリオがトランス状態で神のお告げを口にする。重ねて起こる“奇跡”の真偽を調査する平賀とロベルト。その頃、学生のカルロスは何かに怯えるように寮の自室で閉じこもっていた。そんな時、再び事件が起き、今度は神父とシスターの2人が殺される。平賀は一連の殺人には共通点があると気づくが……。

第2話「存在のかぎりなき不安」は、WOWOWで先行放送される他、AbemaTVやdアニメストアで地上波先行配信。また、7月21日(金)22時30分からのTOKYO MX 他で放送されます。

テレビアニメ「バチカン奇跡調査官」は、シリーズ累計100万部を突破する藤木稟さん著のミステリー小説が原作。天才科学者の平賀と古文書・暗号解読のエキスパートであるロベルトが、バチカン所属の「奇跡調査官」として、世界中の謎を解き明かしていきます。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)