「バチカン奇跡調査官」第4話先行カットが到着。古代ルーン文字の書物にすべての真相が!

「バチカン奇跡調査官」第4話先行カットが到着。古代ルーン文字の書物にすべての真相が!

第4話「それでも尚、我は神を信ず」より

テレビアニメ「バチカン奇跡調査官」第4話の先行カットとあらすじが到着しました。

<第4話「それでも尚、我は神を信ず」あらすじ>セント・ロザリオ教会で起きた連続殺人事件の真相に近づきつつある平賀とロベルト。ミハイル・ブラウン司教の部屋から持ち出した古代ルーン文字の書物の解読に取りかかったロベルトは、そこにすべての事件に繋がる事実が記されていることを突きとめる。ミハイル・ブラウン司教の正体、そして、半世紀以上も隠されてきたセント・ロザリオ教会の正体とは……!?

第4話「それでも尚、我は神を信ず」は、WOWOWで先行放送される他、AbemaTVやdアニメストアで地上波先行配信。また、8月4日(金)22時30分からTOKYO MX他で放送されます。

また、8月4日(金)21時からは、AbemaTVにて第1話から4話までが一挙放送される予定。

テレビアニメ「バチカン奇跡調査官」は、シリーズ累計100万部を突破する藤木稟さん著のミステリー小説が原作。天才科学者の平賀と古文書・暗号解読のエキスパートであるロベルトが、バチカン所属の「奇跡調査官」として、世界中の謎を解き明かしていきます。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)