進化し続けるステージ!「DIGIMON ADVENTURE FES.2017」レポート

進化し続けるステージ!「DIGIMON ADVENTURE FES.2017」レポート

「DIGIMON ADVENTURE FES.2017」の様子

2017年7月30日(日)、「DIGIMON ADVENTURE FES.2017」昼の部が東京・オリンパスホール八王子で開催されました。

「DIGIMON ADVENTURE FES」(通称「デジフェス」)は、「デジモンアドベンチャー」15周年と、「デジモンアドベンチャー tri.」の制作を記念して2015年にスタートした、キャスト&アーティストによって繰り広げられる「デジモン」の祭典。今年で開催は3度目となります。

今回の出演者は、キャスト陣は花江夏樹さん(八神太一役)、三森すずこさん(武之内空役)、田村睦心さん(泉光子郎役)、吉田仁美さん(太刀川ミミ役)、池田純矢さん(城戸丈役)、榎木淳弥さん(高石タケル役)、M・A・Oさん(八神ヒカリ役)、荒川美穂さん(望月芽心役)、坂本千夏さん(アグモン役)、重松花鳥さん(ピヨモン役)、山口眞弓さん(ガブモン役)、櫻井孝宏さん(テントモン役)、山田きのこさん (パルモン役)、竹内順子さん(ゴマモン役)、松本美和さん(パタモン役)、徳光由禾さん(テイルモン役)、森下由樹子さん(メイクーモン役)。アーティストは宮崎歩さん、AiMさん。計19名の豪華なメンバーが登壇しました。

イベントは花江さん、坂本さんのふたりによる太一とアグモンの寸劇仕立てのナレーションを受けて、キャスト17名が壇上に勢揃いするところからスタート。ファンの大歓声を浴びながら、「選ばれし子ども」とパートナーデジモンのコンビで軽妙な挨拶をして行きます。中でも山田さんが「ミミ、今日は八王子にあの日の忘れ物を届けにきたの」と、吉田さんに「デジモンアドベンチャー」時代のミミのトレードマークであった帽子(なんと手作り!)をプレゼントとした瞬間には、会場からひときわ大きな歓声が上がりました。

続いては、事前にファンのみなさん、キャストのみなさんから集計されていた「デジモンアドベンチャー tri.」に関するアンケートの結果を発表する「デジモンランキング」のトークコーナーへ。「デジモンアドベンチャー tri.」第1章〜第4章の感動的なシーン、おもしろかったシーンなど話題はさまざまに広がりましたが、とにかくこのコーナーで人気だったのが「丈の彼女」の話題です。榎木さんから「彼女はBOTじゃないのか」と実在を疑うコメントが飛び出すと、他のキャスト陣も深くうなずき、丈をフォローしようと奮闘する池田さんが壇上ではすっかり劣勢に。池田さんが思わず「すごいですよね。彼女ができただけでこの言われようって」とコメントすると、会場からはドッと笑いが湧き起こりました。

そこから石田ヤマト役の細谷佳正さんからのメッセージVTRを挟み、9月30日(土)上映予定の第5章「共生」の話題へとトーク内容は移っていきます。会場で初公開されたPV第2弾の内容は、第4章に引き続きヘヴィな展開を予感させます。壇上のメンバーも先の展開への期待と不安を述べていきました。

そしてイベントは後半戦に突入。朗読とライブをひとつの物語上で組み合わせた、ユニークなスタイルの朗読劇「デジモン スペシャルドラマ 夏の超進化のど自慢大会」が展開されます。劇の内容は、「選ばれし子どもたち」とパートナーデジモンが、優勝商品である豪華食べ放題を目当てに、のど自慢大会に参加するというもの。その大会のゲストアーティストが宮崎さんという設定になっており、劇の開幕早々、ゲストライブという体で「brave heart〜tri.Version〜」を熱唱し、会場のボルテージを一気に引き上げます。

その後もドラマに沿いながらキャストがそれぞれキャラクターソングを披露していきますが、ここでサプライズ。吉田さんが「デジモンアドベンチャー02」でのミミのキャラクターソング「スーパー☆ガール」を披露する際に、AiMさんが壇上に登場。新旧のミミ役キャストが、スクリーンに旧作の映像が映し出される中で共演するという、イベントならではのミラクルな空間が会場に現れました。

そんな楽しい朗読劇は坂本さんによる「アグモンONDO」で大団円を迎え、以降は熱いライブステージへ。宮崎さんによる「Beat Hit!」「Break up!」、AiMさんの「I wish〜tri.Version〜」「keep on〜tri.Version〜」と、名曲の連発で会場のテンションはどんどん跳ね上がります。さらに、第5章「共生」のエンディングテーマがふたりの初デュエットによる新曲「アイコトバ」に決定したことが発表され、しかもそのままライブで初披露されると、まさにクライマックスにふさわしい絶頂の盛り上がりを迎えました。

最後には壇上に出演者が集合。キャストを代表して花江さん、坂本さんの太一&アグモンコンビがファンへの感謝とデジモンへの熱い想いを語り、そこから「Butter-Fly〜tri. Version〜」を故・和田光司さんの映像と歌声を交えつつ、会場全体で大合唱しました。

また、イベント終了後には、熱気冷めやらぬ中で花江さん、坂本さんの囲み取材も行われました。花江さんは「毎年思っているんですけど、あっという間に終わってしまって。でも、あますことなくデジモンを楽しめたかなという気持ちです。昨年よりも純粋に楽しんで参加することができたなと思いました。(初めて参加したときは)デジフェスといえば……みたいな(ファンのみなさんの)空気感みたいなものをわかっていなかったので、ちょっとそういう心配をしてしまっていたんですけど、今年は前回の楽しかった思い出があったので。それに、5章まで太一を演じてきて、自分の中に太一がしっかりと根付いてきたなと。そういう気持ちの変化もあって楽しめました」、坂本さんは「本当に太一(=花江さん)はたくましくなって。だんだん(役が)自分のものになっているという手応えを見ていても感じます。本当にお客さんのデジモン愛をひしひしと感じながらプログラムを進めています。キャストもそうですが、みんな反応がよくて、(会場の)みんなで同じところに向かって進んでいるんだなと思って、時間があっという間に過ぎました(坂本)」と、それぞれにあらためて「デジモン」というタイトル、作品のファンのみなさんへの深い愛情を語ってくださいました。

「デジモンアドベンチャー tri.」第5章「共生」はもちろんのこと、8月5日(土)からはシリーズ初の舞台化である「超進化ステージ「デジモンアドベンチャーtri.」〜8月1日の冒険〜」も東京・六本木ブルーシアターでスタート。来春には「デジモンテイマーズ」のBlu-ray BOXの発売も決定するなど、今後の展開は盛りだくさん。まだまだ「デジモン」の夢は無限大に広がりそうです。

【取材・文:前田久】

この記事の続きを読む