【恒例1万円コーデ講座】カーディガンを大人っぽく見せて「脱大学生感」のススメ

【恒例1万円コーデ講座】カーディガンを大人っぽく見せて「脱大学生感」のススメ

カーディガンのインナーに同素材・同色のニットを入れた「アンサンブル」コーデ

ファッションブロガーのMBと申します。2014年・2015年度の部門大賞に続き、2016年度はまぐまぐ総合大賞を受賞したメルマガ「最も早くオシャレになる方法」などを中心に、誰でもわかる「おしゃれの教科書」的な情報を発信しています。 

編集部より経費1万円をGETしてきてオシャレをするこの好評企画。今回は、これからの季節に欠かせないカーディガンの着こなしについてです。

■ 「アンサンブル」でカーディガンを大人っぽく

・エクストラファインメリノタートルネックセーター(長袖)[ユニクロ・2990円]

・エクストラファインメリノVネックカーディガン(長袖)[ユニクロ・3990円]

・イージーアンクルパンツ(ウールライク・センタープレス)[ユニクロ・2990円]※完売のため代用品

レディースではよく見かける着こなしですが、メンズではほとんど見ないニットの「アンサンブル」を今回は紹介します。アンサンブルとは同じ素材・同じ色のものを組み合わせた着こなしのことを言います。

コーディネートは色の切り替えや素材の切り替えがあるほどカジュアルな印象になるものです。スニーカーはカジュアルなものほど切り替えが多く、トップスはカジュアルなものほどプリントなどで色の切り替えが増えていくもの。一方でドレスライクで大人っぽいアイテムほど切り替えが少ないものが多いはずです(例えばスーツは常に上下同じ素材同じ色ですね)。

こうして考えるとカーディガンを「最も大人っぽく着用する方法」はアンサンブルであると言えます。カーディガンは誰もがシャツやTシャツなどと組み合わせているものですが、するとどうしても言いようのない「大学生感」が出てしまうもの。こうして同じ素材・同じ色で組むと驚くほど印象が変わるのでオススメです。

今回コーディネートはスラックスを合わせて「オフィスカジュアル」的な見た目にしていますが、日常の普段着ならばデニムなどを合わせても良いでしょう。アンサンブルで切り替えが少ない分、デニムでも子供っぽくはなりません。

ユニクロのニットを着用している人は多いけれど、こうしてアンサンブルで使う人は少ないです。黒で組みあわせても良いですし、「もう少し変化をつけたい」と思うならば、例えばキャメルやネイビーなどの色のあるアンサンブルでもOK。色々と試してみてください。この着方だと100%ユニクロだとは思われません。ブランド品のように思われるはずです。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)