アニメ「プリンセス・プリンシパル」最終回アフレコ現場より、キャストコメントが到着!

アニメ「プリンセス・プリンシパル」最終回アフレコ現場より、キャストコメントが到着!

「プリンセス・プリンシパル」の最終回アフレコ現場より

テレビアニメ「プリンセス・プリンシパル」の最終回が9月24日(日)から放送。放送に先駆け、最終回のアフレコ現場から、キャスト集合写真とメインキャストからのコメントが到着しました。

■アンジェ役・今村彩夏さんコメント

――最終話のアフレコを終えた感想は?

今村:Aパートを録り終わった辺りで実感が湧きました。あー、最終話なんだなぁと。台本を事前にいただいて結末も分かっているのに、ずっとハラハラドキドキ。みなさんの演技でプリプリの最終話が出来上がっていくのが嬉しくもあり、さみしさも感じました。本当に「プリンセス・プリンシパル」は最高だなぁと改めて思える最終話アフレコでした!

――最終話を楽しみにしているファンの方にメッセージを。

今村:最終話、みなさん本当にドキドキして待っていると思います。どんな結末を迎えるのか、その目で耳で確かめて欲しいです! 最後の最後までプリンセス・プリンシパルの世界観を楽しんでください。

■プリンセス役・関根明良さんコメント

――最終話のアフレコを終えた感想は?

関根:無事に最終話を迎え、ほっとした気持ちと、ぽっかり胸に穴があいたようなさみしさがあります。毎話、とても密度の濃い時間で、本当にあっという間に感じました! 第1話から、プリンセスを理解してあげられる共犯者になろうと、悩み、試行錯誤しながらも駆け抜けたような気がします。私自身もプリンセスと出会い、多くの経験をさせていただき、かけがえのない時間でした! ただただ幸せです!

――最終話を楽しみにしているファンの方にメッセージを。。

関根:第1話から正体不明で謎の多い底知れぬ女の子だったプリンセス。台本を読みながら、「今は、プリンセス? アンジェ? シャーロット?」と名前でも悩んだこともありました! しかし過去が明かされ、徐々に秘密も明かされていき、最終話の後に「また1話から見たときに、1番印象が変わる子だな」と思っています。「プリンセス・プリンシパル」は何度見ても面白い作品ですし、何回も見直すことで、セリフはもちろん、仕草、目線、表情と色んな発見があると思います! これからご覧になるみなさま! どうぞお楽しみくださいませ! そしてこれからも、チーム白鳩を愛していただけますように!

■ドロシー役・大地 葉さんコメント

――最終話のアフレコを終えた感想は?

大地:ああ、終わってしまったんだな……というさみしさと、やり切った! という達成感でいっぱいです。チーム白鳩の皆と、そしてこの作品を一緒に作り上げてきたキャストのみなさまと一緒に、ドロシーとしてプリプリの世界に生きられた事が本当に楽しくて。まだまだ続いて欲しい! と思ってしまいます。素晴らしい作品に携われて本当に光栄です。

――最終話を楽しみにしているファンの方にメッセージを。

大地:みなさま、作品をここまで追い掛けてきてくださり本当にありがとうございます。「面白かった!最後まで観て良かった!」と思っていただける作品になっていること間違いなしです! 数え切れないほど沢山の要素が凝縮された「プリンセス・プリンシパル」。どうか最後まで見届けてください! そして、みなさまのお近くにまだ作品に触れたことのない方がいらっしゃいましたら、ぜひ「こんな作品があるんだよ!」と布教してくださればとってもうれしいです。何卒よろしくお願いいたします!

■ベアトリス役・影山 灯さん コメント

――最終話のアフレコを終えた感想は?

影山:まだ正直「終わった」という実感がありません(笑)。プリプリはキャラクター、ストーリー、映像、音楽と全てにおいてスタッフ、キャストの皆様の「良いものを作ろう」というこだわりと情熱に満ちた作品でした。本当に面白い、たくさんの方に見てほしいと思える作品に関われたことを幸せに思います。また、辛い過去を乗り越えて 大切な人を守るために 弱い自分を奮い立たせて成長していくベアトリスに、私も勇気をもらい 一緒に前に進めたように思います。

――最終話を楽しみにしているファンの方にメッセージを。

影山:プリンセス・プリンシパルを好きになってくれてありがとうございます! この作品は何度も見れば見るほど 深く楽しめるので、ぜひ放送が終わってからも作品を楽しんで愛していただけると嬉しいです。そして気になる最終話! 物語が大きく動き、駆け引きやアクションといい、緊張感MAXです! 詳しくは言えませんが、これだけ一言。「姫さまが〜!!」。真相はその目でお確かめください。

■ちせ役・古木のぞみさんコメント

――最終話のアフレコを終えた感想は?

古木:この作品に携われたこと、本当に嬉しく思います。ドキドキの展開だったので、毎回台本を読むのが楽しみでしょうがなかったです。あっという間に終わってしまってさみしいです。ちせと一緒に頑張ってこれて良かった! ちせに出会えて本当に良かった!! いえーい!

――最終話を楽しみにしているファンの方にメッセージを。

古木:「プリンセス・プリンシパル」は最後まで目が離せないよ! ワクワクで待っててくださーい! 最後まで楽しんでもらえたら本当に嬉しいです。まだまだ、チーム白鳩の姿が見ていたいねー! これからも、応援してもらえたら嬉しいです。

最終回は、9月24日(日)23時からTOKYO MX・KBS京都で放送。サンテレビ・BS11・AT-Xでも順次放送されるほか、ニコニコ動画やバンダイチャンネルなどでも配信されます。

テレビアニメ「プリンセス・プリンシパル」は、東西に分裂した19世紀末のロンドンを舞台にした完全オリジナルアニメーション。伝統と格式ある名門、クイーンズ・メイフェア校に在籍する5人の少女たちが、女子高校生を隠れ蓑に、変装・諜報・潜入・カーチェイスとそれぞれの能力を活かしながらスパイ活動を展開します。

この記事の続きを読む