新アニメ「宝石の国」第1話の先行カットが到着。落ちこぼれの宝石・フォスの初めての仕事

新アニメ「宝石の国」第1話の先行カットが到着。落ちこぼれの宝石・フォスの初めての仕事

第1話「フォスフォフィライト」より

テレビアニメ「宝石の国」第1話の先行カットとあらすじが到着しました。

<第1話「フォスフォフィライト」あらすじ>宝石たちの中で最年少のフォスフォフィライトは、硬度三半とひときわ脆く、靭性も弱くて戦闘に向かない。また、他の仕事の適性もない。そのくせ口だけは一丁前という、まさに正真正銘の落ちこぼれだった。そんなフォスに、三百歳を目前にしてやっと「博物誌編纂」という初めての仕事が与えられる。[脚本:大野敏哉、絵コンテ・演出:京極尚彦、CGディレクター:茂木邦夫]

第1話「フォスフォフィライト」は、10月7日(土)21時30分からのAT-Xを皮切りに、TOKYO MX・MBS・BS11で放送。また、10月8日(日)12時からdアニメストアなどの配信サービスで配信されます。

「宝石の国」は、アフタヌーンで連載されている市川春子さんのコミックが原作。今から遠い未来、かつて存在した生物が、不死の身体をもつ「宝石」になった世界で、月から飛来する謎の敵“月人”と宝石たちとの激しい戦いを描く、強くてもろくて美しいアクションファンタジーです。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)