「つうかあ」第3話の先行カットが到着。鈴鹿女学園の2人の過去が明かされる!

「つうかあ」第3話の先行カットが到着。鈴鹿女学園の2人の過去が明かされる!

第3話「Practice」より

テレビアニメ「つうかあ」第3話の先行カットとあらすじが到着しました。

<第3話「Practice」あらすじ>永井みさきはアルバイトをしながら鈴鹿女学園に通っている苦学生だった。対して、塩原ちゆきは同じ鈴鹿女学園に通うお嬢さまだった。ちゆきはスクールカーストの上位で、いつもたくさんの友人に囲まれていた。ある日ちゆきは友人の1人に、レーシングニーラーのパッセンジャーを依頼する。快く引き受けた友人は、ちゆきと共にサーキットに赴くのだった。[脚本:高山カツヒコ、絵コンテ:田村正文、演出:井上圭介、作画監督:前原薫・平山剛士・池津寿恵・寿夢龍]

第3話「Practice」は10月21日(土)24時からのAT-Xを皮切りに、TOKYO MX・サンテレビ・KBS京都・BSフジで放送。また、毎週月曜24時30分からのAbemaTV(新作TVアニメch)などで配信されます。

テレビアニメ「つうかあ」は、アニメーション制作会社シルバーリンクの10周年を記念したオリジナル作品。東京都立三宅女子高等学校の側車部に所属する宮田ゆり&目黒めぐみを始め、全国の女子高生レーサーたちが、サイドカーレース全国大会の優勝をかけて競い合います。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)