「Fate/Apocrypha」第21話の先行カットが到着。アキレウスが告げたひとつの願いとは?

「Fate/Apocrypha」第21話の先行カットが到着。アキレウスが告げたひとつの願いとは?

第21話「天蠍一射」より

テレビアニメ「Fate/Apocrypha」第21話の先行カットとあらすじが到着しました。

<第21話「天蠍一射」あらすじ>「全人類の救済」という大願に手をかけた天草四郎時貞―。時を同じくして大聖杯の起動を阻止すべく空中庭園へ迫りくるジャンヌ・ダルクと黒のサーヴァントを赤のサーヴァントが迎え撃つ。かつての弟子、そして宿敵であるアキレウスと再び対峙したケイローンは最終決戦を前に、アキレウスへひとつの願いを告げる―。[脚本:小太刀右京、絵コンテ:宮尾佳和、演出:西島圭祐、総作画監督:伊藤公規、作画監督:古住千秋・臼井里江・廣江啓輔・木村行隆・小林理・早川麻美・原友樹・伊藤公規・河野敏弥・辻早智子・浜友里恵]

第21話「天蠍一射」は、12月2日(土)24時からTOKYO MX・BS11・群馬テレビ・とちぎテレビにて、翌週火曜にはMBSで放送。Netflixで毎週月曜に独占配信されます。

テレビアニメ「Fate/Apocrypha」は、「Fate/stay night」「Fate/Zero」とは異なる新しいFateの世界を描いた、東出祐一郎さんの小説が原作。舞台となるルーマニア・トゥリファスに「黒の陣営」7騎と「赤の陣営」7騎が集い、2つの勢力による“外典(アポクリファ)の聖杯戦争”が幕を開けます。(WebNewtype)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)