映画「聲の形」のスタッフが贈る最新作!「リズと青い鳥」の最新情報が解禁!

映画「聲の形」のスタッフが贈る最新作!「リズと青い鳥」の最新情報が解禁!

映画「リズと青い鳥」は2018年4月21日(土)公開!

小説「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章」が「リズと青い鳥」のタイトルでアニメーション映画化。キービジュアル・特報映像・場面カットなどが解禁されました。

京都アニメーション所属の山田尚子監督を筆頭に、脚本・吉田玲子さん、キャラクターデザイン・西屋大志さん、音楽・牛尾憲輔さんら映画「聲の形」のメインスタッフが集結し制作に当たります。

スタッフのオフィシャルコメントも到着。

<監督・山田尚子 オフィシャルコメント>

この作品は、一歩先も見えないくらい頑なで健気に日々を過ごしている少女たちの映画です。不意にこぼれ落ちてしまうため息や、鼓動、胸高鳴るようなひそひそ話、悩みの中の微熱なんかをじっと息をひそめて撮り切りたい、と思っております。思う事と想う事。同じようでいてまったく同じでないもの。思春期の、感じやすいこの時期だからこそ美しくあることができる、触れれば壊れてしまうガラス玉のような彼女たちの、有限の瞬間にみなさまと一緒に立ち会うことができれば、と思います。

<脚本・吉田玲子 オフィシャルコメント>

愛して欲しい、振り向いて欲しい、認めて欲しい、自分だけのものでいて欲しい。欲望は空へ羽ばたく翼にもなりますが、自分や誰かを閉じ込める鳥かごにもなります。これは、自分を解き放つ少女の物語です。そしてまた、自分には翼がないことを知る少女の物語でもあります。でもその両者が出会ったことは、決して不幸なことではありません。山田監督の感性が自由に羽ばたき、美しくもはかない、どこか残酷な物語を高い空に描く様を見上げていただければと思います。

<キャラクターデザイン・西屋大志 オフィシャルコメント>

「リズと青い鳥」。今作はみぞれと希美、二人の少女に寄り添った物語です。この作品独自の世界観に溶け込むように、今までの『ユーフォ』とはまた少しアプローチの異なる形で、キャラクターを新しく創り出しています。少女の線の細さや透明感、教室に流れる張りつめた空気やかすかな息づかい。いつもの日常の何気ない会話やふれあいの中で、少しずつ変化していく二人の距離や想い。それぞれの感情と静かな熱量が画面からにじみ出ていくように、繊細に、大切に描きだしていきたいと思います。

<音楽・牛尾憲輔 オフィシャルコメント>

ふと触れば壊れてしまうような、息を潜めなければ崩れてしまうようなそんな青春の一瞬を、なんとか結晶化するよう制作に勤しんでおります。2018年4月の公開を是非ご期待下さい。

公開日は2018年4月21日(土)。2018年1月6日(土)より各劇場にて数量限定特製クリアファイル付き前売券の発売が決定。12月29日(金)〜31日(日)に開催されるコミックマーケット93の京都アニメーションブースおよび松竹ブースにて先行販売が行われます。

前売り券の価格は一般が1500円、小人が900円となっています。(WebNewtype)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)