「Dies irae」第11話の先行カットが到着。死ぬことは許されない破滅的な友情

「Dies irae」第11話の先行カットが到着。死ぬことは許されない破滅的な友情

第11話「自滅因子」より

テレビアニメ「Dies irae」第11話の先行カットとあらすじが到着しました。

<第11話「自滅因子」あらすじ>メルクリウスは自滅因子について語る。曰く、滅びの願望が具現化した存在だと。物事の裏表のように、大切な日常を守りたいという気持ちの裏側で、マヤカシの日常を壊したいという願いがあるように。メルクリウスにとってのラインハルトがそうであるように彼にとっての彼がそうであるように。それは、神のオモチャにすぎない。だからこそ、死ぬことは許されない。故に彼は既知感から逃れられず、彼と破滅的な友情を築く。そう、まるでそれまでの日常が終わりを告げた、あの日のように――。

第11話「自滅因子」は、12月22日(金)25時05分からのTOKYO MXを皮切りに、BS11・AT-Xで放送。また、AbemaTV 新作TVアニメchで地上波同時放送(web最速)される他、dアニメストア、Amazonプライム・ビデオ、DMM.com、U-NEXTなどの各配信サービスで順次配信されます。

クラウドファンディング最高額を記録してアニメ化が実現したという本作。首を斬り落とされて殺される無差別連続通り魔事件が多発する“諏訪原市”を舞台に、ごく普通の学生・藤井蓮が、戦わなければ生き残れない現実を前に、平凡な生活を取り戻すために奔走します。(WebNewtype)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)