「少女終末旅行」最終話の先行カットが到着。巨大な潜水艦の中で2人が見たものは!?

「少女終末旅行」最終話の先行カットが到着。巨大な潜水艦の中で2人が見たものは!?

第12話「接続/仲間」より

テレビアニメ「少女終末旅行」最終話(第12話)の先行カットとあらすじが到着しました。

<第12話「接続/仲間」あらすじ>巨大な潜水艦の中を探索しながら、昔の人々がどんな暮らしをしていたのか知りたいと言うチト。ユーリになぜそんなことを知りたいのかと聞かれるチトだったが、上手く言葉にできない。潜水艦の中で見つけたチョコレートを食べるユーリに、チトがカメラを向けてファインダーを覗くと、そこに何か文字が浮かび上がる。何が起きているのか把握する間もなく、チトとユーリの前に浮かび上がったのは、これまで撮影してきた写真の数々だった。[脚本:筆安一幸、絵コンテ・演出:尾崎隆晴、作画監督:井川典恵・中山みゆき・中村和久]

第12話「接続/仲間」は、12月22日(金)21時30分からのAT-Xを皮切りに、TOKYO MX・テレビ愛知・KBS京都・サンテレビ・TVQ九州放送・BS11で放送。また、AbemaTVにて毎週金曜22時から配信される他、dアニメストアなどの各配信サービスでも観覧できます。

「少女終末旅行」は、「くらげバンチ」で連載中のディストピアファンタジー。人間社会が崩壊し、人間や生き物たちがほとんどがいなくなってしまった終末の世界を舞台に、ケッテンクラートに乗った2人の少女、チトとユーリが旅をする姿を描きます。(WebNewtype)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)