あの作文はレコーディングで考えた!?「アイドルマスター ミリオンライブ!」MTG02&MS04発売記念イベントレポート

あの作文はレコーディングで考えた!?「アイドルマスター ミリオンライブ!」MTG02&MS04発売記念イベントレポート

「アイドルマスター ミリオンライブ!」MTG02&MS04発売記念イベントより、愛美さん

「アイドルマスター ミリオンライブ!」のCDシリーズ「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! THE@TER GENERATION 02 フェアリースターズ」(以下、MTG02)と「M@STER SPARKLE 04」(以下、MS04)の発売記念イベントが2017年12月29日(金)に開催されました。その1回目の模様をお伝えします。 今回の発売記念イベントには、「MTG02」より愛美さん(ジュリア役)、藤井ゆきよさん(所 恵美役)、「MS04」より小笠原早紀さん(野々原 茜役)、木戸衣吹さん(矢吹可奈さん)、中村温姫さん(ロコ役)が出演しました。 藤井さんの掛け声で出演者が登場すると、まずは各楽曲についてのトークコーナー。「MTG02」収録の「FairyTaleじゃいられない」のことを「曲調が好きすぎる。エモーショナルで激しくて」と愛美さんが熱く語ると、藤井さんも同意。ただ、スマートフォン用ゲーム「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」(以下、ミリシタ)での格好いいダンスを自分たちがやるのか……頑張らなきゃいけないな……と思ったことも話していました。

一方、「M@STER SPARKLE」シリーズには各アイドルのソロ曲を収録。茜のソロ曲「AIKANE?」は演歌になったりワルツ調になったりと曲調の変化も面白い楽曲。小笠原さんは、茜を最初に演じた時に「茜はこんな感じに歌うのかな」と妄想した通りの曲が来たと思ったそうです。また、曲中にある「あいうえお作文」はレコーディングの時に考えたもので、事前にその部分には「フリーダム茜ちゃん無双」の文字がひらがなで書かれていたのだとか。

ロコの「ART NEEDS HEART BEATS」は、中村さん曰く「協調性を身につけたロコの曲」。「ミリシタ」で紡がれた、ロコアートはみんなの力によって出来上がるという物語をそのままオーダーした曲だといいます。ロコの曲の恒例とも言える早口パートは今回もしっかりあり、ライブが不安で仕方なかったことも明かしていました。 「あめにうたおう♪」は今回も可奈の歌が大好きな気持ちが伝わってくる曲で、「ゆったりした曲だから感情をのせやすかった」と木戸さん。レコーディングの日は雨予報で曲をシミュレーションするのにちょうどいいかと思ったら、あられが降るような大雨だったそうです。

次のコーナーは、劇場の外でのアイドルたちを想像する「アイドルマスター ミリオンライブ! アウトオブシアターデイズ」。「どこで」「なにを」「誰が(アイドル名)」と書かれた紙をボックスから引き、そのシチュエーションでアイドルが口にする一言をアドリブで考えていきます。

最初のシチュエーションは「砂漠で、サンタクロースの格好をしながら、ジュリア」が一言。愛美さんは悩みつつも「あれれ? 場違いじゃね」と格好良く決めた一言を放ち、歓声があがります。さらに、「温泉につかって、大食いしながら、野々原 茜」「海底で、泥棒しながら、ロコ」と続き、小笠原さんも中村さんもどうにかこうにか一言ひねり出していました。

木戸さんは「武道館の楽屋で、ミリシタしながら、矢吹可奈」というシチュエーションに、プレイする動きをつけつつ「プロデューサーさん!頑張ります!」と舞台へ向かう可奈の一言を綺麗にまとめます。しかし、藤井さんからは「すごいんだけど、そういうコーナーじゃなくない?(笑)」と冷静な突っ込みも。

そんな藤井さんに課せられたのは「お台場で、ダンスレッスンしながら、所 恵美」。普通の状況すぎて逆に困惑した藤井さんは、「ジュリア!あそこの振り付けがわからないの」と愛美さんを巻き込みます。突然のもらい事故を受けた愛美さんでしたが、その犠牲は無駄にならず笑いは取れていました。

イベント後半はライブコーナー。まずは「MS04」でも1曲目に収録されている「AIKANE?」を小笠原さんが元気に披露。先ほど話していたように、とにかくなんでもありの茜らしい賑やかな楽曲で楽しませてくれます。「あいうえお作文」のところはみんなと掛け合いをして盛り上がりました。

続く中村さんの「ART NEEDS HEART BEATS」では、ロコが話すような独特の歌詞にいつもの早口とロコワールド全開。「みんなと一緒に作っていく曲」と話していたように、「ロコナイズ」の掛け声に嬉しそうな表情を浮かべていました。

雨の憂鬱な気分を吹き飛ばすような、前向さが溢れた歌声を響かせたのは木戸さんの「あめにうたおう♪」。可奈が楽しそうに歌っている雰囲気そのままに披露し、曲のラストで手を横に振りながらみんな一緒に歌っていたのも印象的でした。

愛美さんと藤井さんは「FairyTaleじゃいられない」を熱唱。格好良さ全開の楽曲に、藤井さんの力強さと愛美さんの歌唱力が重なり、新たな魅力を発揮していきます。気持ちのこもった歌声はもちろん、ちょっと目をそらしたりする表情やしぐさもグッとくるものがありました。

曲後には体調不良のため残念ながらこの日出演出来なかった最上静香役の田所あずささんの想いを胸に、「ころあず(田所さん)の分まで頑張ったね」「熱く蒼く歌えたかな」と話した2人。そして、再び全員が登場して一言ずつ感想を述べ、最後に「Brand New Theater!」を披露してイベントは終了となりました。

<ライブコーナー セットリスト>

01. AIKANE?/小笠原早紀

02. ART NEEDS HEART BEATS/中村温姫

03. あめにうたおう♪/木戸衣吹

04. FairyTaleじゃいられない/愛美、藤井ゆきよ

05. Brand New Theater!/全員 (WebNewtype・取材・文:千葉研一)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)