「宇宙戦艦ヤマト2202」第四章、小野大輔インタビュー「大きな愛を感じていただければ」

「宇宙戦艦ヤマト2202」第四章、小野大輔インタビュー「大きな愛を感じていただければ」

古代進役を演じる小野大輔さん

1月27日(土)より劇場上映開始となる「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」第四章「天命篇」を前に、古代進役の小野大輔さんにお話を伺いました。

ーー第三章は、古代と雪の愛が描かれていました。演じられていかがでしたか?

小野:第三章はとにかく辛かったですね。僕ら演者は役のことを知ろうとしますし、その情報を得たあとに自分の感情を乗せていきます。つまりその最初のアプローチには客観性が必要なのですが…。この展開には、自分がこの古代の状況に置かれたら、という主観的な考え方をせずにはいられなくなりました。そこで自分を投影し過ぎてしまうと古代進ではなく小野大輔になってしまうので、そこは役でありたいと考えるのですが。悩みましたね。

 多くの市民が乗った3艦のどれか1艦だけを助けてやる。選ばないと全員死ぬことになる。あの悪魔の選択を突きつけられたら、自分なら何も言えなくなってしまうんじゃないかと思うんです。それなのに、古代は「選ばない」と。常識的な発想を飛び越えていますよね。人間の精神力ってそこまで行けるんだって。古代進という人はヒーローだと思います。自分がもし出題者だったら「えええ〜?」ってなりますよ。理屈が通用しないなって。

 見方を変えればカッコ悪いですよね。「選ばない」という、だだをこねているわけですから。ただ、あそこで格好をつけない、あれを真っ向から言えるのが古代だと思います。他のキャラなら言わないし言えない。考え過ぎて言葉が出なくなるかもしれない。あそこは本当に僕も苦しくて、精神的に自分を追い詰めた上で、本当だったら発せない、口がカラッカラになりながら、それでも言う。その感覚、痛みを感じながら演じていました。

 福井さんからもアフレコの度に「この第三章はずっと無理をさせます。ここは試練なので乗り越えてください」と言われていました。ですから、その後の雪へのプロポーズは、『ヤマト』をやっていて、古代をやっていて、本当の意味で報われた感じというのがありましたね。でも、これが第三章のタイミングということは、全然まだ終わりじゃないなっていう感じもしています。製作発表会の頃から福井さんは「試される愛を描こうと思っています」と言っていたので、随分と試されましたし、ここから先もまた試されるんだろうなと覚悟しています。

ーー第三章のラストからデスラーが登場しましたが、山寺さんとは久々のアフレコになるのでしょうか。

小野:「2199」の時は、人数が多かったためヤマト側とガミラス側で分かれて収録をしていました。その時に「一緒にアフレコ出来たらいいね」という言葉をいただいていて、僕も「山寺さんと掛け合いしたいです」とお話ししていて。それがやっと実現した感じです。

ーー再会したデスラーはいかがでしたか?

小野:久しぶりに会ってもデスラーはあのままで、誰も到達できない高みに行っている気がします。我々ヤマトクルーはある種値踏みをされていて、動揺もさせられながら、そこに必死に熱量をぶつけていくというような感覚でした。

 デスラーは何者なのか。とにかく強そうだし、底が見えないほどにミステリアスです。昔からそうなんですよね、勝てる気がしない。でも、今回は逆にデスラーも人なんだなと感じられます。これを観たかったんだなと思うんです。詳しくは言えませんが。デスラーの重厚感、冷静で理知的というキャラクター造形は、何故そうなったのかはほとんど語られていなかったんですけど、その謎がちょっとずつ紐解かれていくお話になっていると思います。

ーー第四章では、ガトランティスとの戦いも本格的になっていくようですね。

小野:やっとですね。ある意味ここからはヤマトの真骨頂になっていくんじゃないでしょうか。敵ともそうだし、自分ともそう。第四章では戦うというところに主軸が置かれているので、男臭くて熱いですね。掛け値なしに、艦隊戦はカッコイイですよ。あと空間騎兵隊が良い。昔から「ヤマト」を好きな方たちにも早く観てほしいです。是非その迫力を楽しんでいただきたいですね。

ーー女性キャラの見せ場は多そうですね。

小野:永倉と斉藤のやりとりもいいですよね。でっかい声を出し合う、ガテン系の信頼関係がすごく好きで。永倉がとても良い女に描かれていますよね。第一艦橋でいうと西条がヒロインかって思うくらい出ていましたし、女性キャラにすごく華があるなあと。ここにきて永倉さんがとてもいいキャラになって来ていますが、ただ古代の演者としては「もっと雪も!」と思ったりします(笑)。

ーー男性キャラだと?

小野:山寺さんが演じられるデスラーが、クールでミステリアスかつ情熱的でとても魅力的です。静かに燃え盛っている青い炎のような熱量を、そのお芝居から感じます。デスラーの声を聴いて、あらためて山寺さんは本当に素晴らしい演者さんだと感じました。

ーーデスラーが青い炎なら、古代は?

小野:燃え盛る赤い炎ですね。その違いは間違いなくあります。劇場へ観に来ていただければデスラーも愛に生きている人だと感じてもらえると思います。古代やヤマトだけでなくデスラーも「愛の戦士たち」の一人だと思います。

ーー最後に第四章を楽しみにしている方へメッセージをお願いします。

 いきなり第四章から観ると分からないこともあると思いますが、冒頭に「これまでのあらすじ」もありますので初心者の方もご安心ください!劇場で見ていただくのが一番いいなと思うスケールの大きさで描かれています。その大きな愛を感じていただければと思います。(WebNewtype)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)