「ハクメイとミコチ」第7話の先行カットが到着。家の上にいた者は!?

「ハクメイとミコチ」第7話の先行カットが到着。家の上にいた者は!?

第7話「樹上の梯子 と 都会的な生活 と 笑顔の写真」より

テレビアニメ「ハクメイとミコチ」第7話の先行カットとあらすじが到着しました。

<第7話「樹上の梯子 と 都会的な生活 と 笑顔の写真」あらすじ>たまに家の上から物音がすると思っていたミコチは、ある日ハクメイと共にたくさんの扉や梯子があることに気付きました。全貌を把握する為に扉をノックすると、そこに現れたのはコクワガタのコハル。ミコチは勢い込んで注意しようとしたのですが、コハルに「上京してきたばかりで街の決まりも分からず…」と、オドオド謝罪されました。ミコチは怒るに怒れず…。[脚本:大河内一楼、絵コンテ:瀬村俊一郎、演出:浅見松雄、作画監督:柳孝相・ハンミンギ・山村俊了]

第7話「樹上の梯子 と 都会的な生活 と 笑顔の写真」は、2月23日(金)21時からのAT-Xを皮切りに、TOKYO MX・サンテレビ・KBS京都・テレビ愛知・TVQ九州放送・BS11で順次放送。また、同日22時30分からAmazonプライム・ビデオで独占配信されるほか、PC&携帯の各サイトにて随時配信予定です。

本作は、「ハルタ」で連載されている樫木祐人さんの漫画が原作。緑深き森で暮らす身長9センチメートルの小さな2人の女の子・ハクメイとミコチが、木の洞(うろ)に家を造ったり、葉っぱを傘にしたり、昆虫や鳥の背に乗ったり。穏やかで愉快で、とびきり愛らしい彼女たちの生活に心がほっこりとする物語です。(WebNewtype)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)