「BEATLESS」の2クール目のエンディングを東京パフォーマンスドールが担当!

「BEATLESS」の2クール目のエンディングを東京パフォーマンスドールが担当!

2013年6月に新メンバーで再誕したTPDが「BEATLESS」の2クール目のエンディングを担当

現在好評放映中のTVアニメ「BEATLESS」。本作の2クール目のエンディングテーマを刺激的な楽曲と美しいフォーメーションダンスに定評がある、東京パフォーマンスドール(通称・TPD)が担当することが発表されました。気になるタイトルは「Shapeless」、6月に7枚目のシングルとしてリリースされます。そしてリーダー・高嶋菜七さん、飯田桜子さんからコメントも到着しました。

【リーダー・高嶋菜七】

この度「BEATLESS」のエンディングテーマを担当させていただくというお話を聞いた時本当に嬉しく、アニメと私たちの曲のイメージが合うといいなとずっと思っています!

私たちは結成5周年を6月19日で迎えるのですが、その節目に出す曲がエンディングテーマになることのご縁をすごく感じています。たくさんの方に愛されるような曲になりますように!

【飯田桜子】

私はアニメ鑑賞が趣味なので「BEATLESS」も以前から観ていたのですが、物語の世界観などを頭にきちんといれた上で今回の楽曲をレコーディングしていたら、歌詞の1つ1つの意味がすごく深く感じ、自然と泣きそうになりました!

アニメと合わさるのが今からとても楽しみです。これからも「BEATLESS」のいちファンとして、楽曲共に作品を愛していきたいと思います。そしてみなさんから愛される楽曲になれたら嬉しいです。(WebNewtype)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)