「ゲゲゲの鬼太郎」第10話の先行カットが到着。ねこ娘がトイレで!?

「ゲゲゲの鬼太郎」第10話の先行カットが到着。ねこ娘がトイレで!?

第10話「消滅!学校の七不思議」より

テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第10話の先行カットが到着しました。

<第10話「消滅!学校の七不思議」あらすじ>「最近学校で不気味なことが起こっている」とまなから相談を受けたねこ娘は、まなの学校を訪れる。まなの学校の七不思議のひとつ、”3階の女子トイレの花子さん”はねこ娘の友達ということで、花子のところへ行ってみる2人。しかし花子は見当たらない。花子だけでなく、他の七不思議に登場する妖怪たちも近頃姿を見せないのだという。そこへ、昔なじみの二宮金次郎と連絡が取れなくなったという砂かけばばあ、子泣きじじいたちもやってきた。何者かの気配を感じ取った一同が追いかけると、そこは、2階の男子トイレ…!?

この回に登場する妖怪は、花子さん(CV:佐倉綾音)と、ヨースケくん(CV:菅沼久義)。花子さんはねこ娘の友達で、学校の七不思議として有名な、おかっぱ姿に 赤い吊りスカートを着た女の子の妖怪。3階女子トイレの奥から2番目に住んでいます。一方、ヨースケくんは、学校の2階の男子トイレにいる妖怪。イケメンだけど、ちょっと訳ありで…。

第10話「消滅!学校の七不思議」は、6月3日(日)9:00からフジテレビ他で放送されます。

1968年の初放送から50周年のアニバーサリーイヤーを迎えた「ゲゲゲの鬼太郎」。第6期の舞台は、21世紀に入ってから20年近くが経ち、人々が妖怪の存在を忘れてしまった現代。科学では解明できない現象が頻発して大人たちが右往左往する中、そんな状況を何とかしようと妖怪ポストに手紙を書いた13歳の少女・まな。彼女の前に、カランコロンと下駄の音を響かせてゲゲゲの鬼太郎が現れます。(WebNewtype)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)