「プラネット・ウィズ」最終話の場面カットが到着。宗矢たちが龍の犠牲となって次元の向こうへと消え…

「プラネット・ウィズ」最終話の場面カットが到着。宗矢たちが龍の犠牲となって次元の向こうへと消え…

最終話「見ろ、宇宙は祝福に満ちている」より

9月23日に放送されたオリジナルテレビアニメ「プラネット・ウィズ」最終話(第12話)の場面カットとあらすじが到着しました。

<最終話「見ろ、宇宙は祝福に満ちている」あらすじ>テレパス部隊を囮に龍を亜空間へと封じる最後の作戦が決行された。人類と宇宙政府ネビュラ、そして助っ人であるキグルミ族宇宙船部隊の総力をかけ龍を押し込んだ結果、作戦は成功したかに見えた。しかし、龍は閉じようとしている亜空間の亀裂から脱出しようとしてきた。龍を押し返すために、宗矢・先生・銀子が犠牲となり、龍と共に次元の向こうへと姿を消す。悲しみに暮れる一同。そして、宗矢、銀子、先生の3人は――。

最終話「見ろ、宇宙は祝福に満ちている」は、9月28日(金)22時からAT-Xでも放送。また、9月28日(金)正午よりAmazonプライム・あにてれ・アニメ放題などの配信サービスにて順次配信スタートします。

本作は、「惑星のさみだれ」「戦国妖狐」「スピリットサークル」を代表作に持つ漫画家・水上悟志さんが原作を手がけるオリジナルアニメ。過去の記憶を失いながらも、平穏に暮らしていた高校生・黒井宗矢。だがある日、世界は謎の巨大兵器「ネビュラウェポン」に突如襲われ、宗矢は戦いに巻き込まれるが…。宗矢の記憶に隠された戦う理由とはいったい!?(WebNewtype)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)