TVアニメ「アニマエール」放送直前!鳩谷こはね役・尾崎由香インタビュー!

TVアニメ「アニマエール」放送直前!鳩谷こはね役・尾崎由香インタビュー!

鳩谷こはね役・尾崎由香さんのキャストインタビューが到着

10月7日(日)より放送がスタートするテレビアニメ「アニマエール」より、鳩谷こはね役・尾崎由香さんのキャストインタビューが到着しました。

――原作を読んでみて、いかがでしたか?

表紙がすごくかわいらしいし、女の子たちがチアを通して日常を楽しんでいく話なのかなと思って読み進めていくと、ギャグ要素がすごくあって(笑)。こはねが暴走して、宇希ちゃんというツッコミがいて、ボケとツッコミがはっきりしているんだなっていう印象を受けました。演じるにあたっても振り切らなきゃ!っていう思いが原作を読んで生まれましたね。

――オーディションはいかがでしたか?

原作を読んで感じは掴んで行ったんですけど、褒められたことは覚えてるんです。CMにもなっているひづめをチアに誘うシーンで、本当に気持ちを込めるというか、こはねの気持ちになって、深く考えず気持ちだけを押し通してやったら、「そのままもう一度やってください」と言われて。細かいことを言われるかと思っていたんですけど、気持ちのままぶつければいいんだなって、自信にも繋がりました。

――受かったときはどうでした?

すごく嬉しかったです。オーディションってなかなか受かるものではないので。でも、自分の中でピンときたというか、こはねちゃんは自分に近いと思っていたので、しっくりくるんです。こはねを演じるならこうやるなっていう想像がたくさん出てきたので、運命だったのかなって(照)。

――鳩谷こはねは、どんなキャラクターですか?

元気で無邪気な女の子なんですけど、人のことをすごく考えているというか、人想いだなって思いました。

――よく人助けをしてますからね。

それはすごく尊敬するところで、人助けって勇気がないとできないので、私もやりたいなって思います。あとは好奇心旺盛で、いいなと思ったことは何でも挑戦するという気持ちは似ているなと思いました。こはねはチアを見てやりたいと思ったけど、私も声優を始めたのは、いろんな声優さんを見て「やりたい!」って憧れたからなので。

――共感できるところがたくさんあるんですね。

そうですね。だから宇希の気持ちもわかるんです。私も突っ走っちゃうところがあるので、楽しくなったらこはねみたいにボケたくなっちゃうんですよ。面白いことをするのが好きだし、結構はっちゃけるタイプだったりするので、こはねを演じるときは、自分自身もちょっと出ているかもしれないなぁって思います。でもこはねちゃんは、親しみやすいしほっとけないタイプだなって思います。

――チアに対するイメージは、何かありましたか?

見たことしかなくて、すごくカッコいいというか、笑顔が素敵だなっていうイメージがあったんです。パフォーマンスもキレキレだから、かわいいとカッコいいがあるみたいな。私も見たらこはねちゃんみたいに憧れてしまうんじゃないかなと思います。でも私は体がすごく硬いので、やろうと思ったことは一度もないんですけどね。まぁ、踊るんですけど……(笑)。でも、挑戦することは大好きなので、これを機会にチアダンスができるようになりたいです!

――体が硬いという共通点もありましたね。

そうなんですよ! 前屈だけはこはねよりできるけど、開脚ができないんです。

――でも、鳥は苦手なんですよね?

そ、そうなんです。でもそれも言えなくなっちゃうかも。鳥が苦手なのに鳩谷こはねなんですよね、私……(笑)。そこだけは違うので、もし鳩とコラボをしたらどうしようって、ビクビクしてます。

――こはねから見た他のキャラクターはどんな子たちですか?

ひづめはこはねがチアを始めるきっかけになった女の子でもあるので憧れていて一番尊敬していると思います。チアのことも教えてくれるし、こはねにとってはお母さんというか、頼っているなと思います。

宇希は憧れというよりは、一番の親友でお姉ちゃんみたいな感じ。たぶんこはねは宇希がいないと何もできないんですよ。だからチアをみんなとやることもできなかったと思います。そのくらい、何でも宇希に頼っているんだと思います。

虎徹はクラスメートだけどチアの後輩ではあるので、すごくかわいがろうとするんですけど、虎徹が毒舌キャラでもあるので、刺さるところもあるんですよね(笑)。そこが面白いです。

花和ちゃんは、後半になって結構絡む機会が多いんです。だから宇希に近いところもあるというか。こはねがボケても正してくれるから、第二のお姉ちゃんみたいな感じ? たぶん一緒にいて楽しいんだと思います。一番波長が合うというか。

――アフレコはどんな雰囲気ですか?

収録の合間も結構みんなでしゃべってますよ。でも普通の会話というか。私はボケれてないんですけど、たまに自然とボケるというか、ボケたつもりじゃないのにツッコまれることがあるんです。それは嬉しいですね。

――5人の立ち位置はどんな感じなんですか?

井澤さんが一番誘ってくれるというか、みんなをまとめようとしてくれるんです。それにみんなが「いいね〜!」みたいな感じになって、楠木ともりちゃんは一番年下なので元気で、場を盛り上げてくれますね。めちゃめちゃ面白いかわいい子だなって思ってます。白石さんは自分のことをオヤジだと言うんですよ! オヤジ目線だと言ってて面白いです。そして山田さんは席も隣同士なので、めっちゃよくしゃべってるんです。でも結構真面目なことを話してるんですよ。台本の修正はここだよとか、この日のイベントはこういうことをするんだよとか。本当にこはねとひづめみたいな感じで、リアルひづめです。でも、ひづめみたいに闇落ちはしないですけど(笑)。

――尾崎さんは?

私ですか? それを笑って見てます(笑)。みんな面白いなぁって。人見知りなので、早くそれをなくさないと! いつまでもおとなしい小動物みたいだと思われていたら、それは私じゃない!って思うので、いつか素を出します。収録はそろそろ終わっちゃうけど、まだイベントがいっぱいあるので、そこで打ち解けたいです(笑)。

――では、OP&EDテーマの印象を聞かせてください。

OPテーマの「ジャンプアップ↑エール!!」はチア感のある曲で、掛け声もいっぱいあるので、これで本当にチアダンスをするんだなぁって思いました。私も聴いていて応援されているなと感じたので、レコーディングのときはこはね全開で、応援する気持ちで歌いました。

――難しさはありました?

難しかったです。めっちゃ高いんですよ。キャラクターを出しながら表現を付けて歌うことが難しかったです。結構苦戦はしたんですけど、みんなの声が合わさるとすごく素敵な曲になったので、チーム感がある曲だな!って思いました。私も聴いて元気いっぱいになりました。EDテーマの「One for All」も元気な曲で、キラキラしてるんですよね。OPテーマよりキャラクターの感じが出ているのかなと思いました。しかもダンス練習も始まっていて、チアダンスではないんですけど難しいんですよ! もうやばいです(笑)。人一倍覚えるのが下手くそなので、こはね状態です。ついていくのがやっとなので、ここから努力して挽回していきます! 白石さんはチアダンス経験者だから、めっちゃうまかったです!

――では最後に、ファンにメッセージをお願いします。

かわいさもあり、ギャグ要素もあり、でもちょっと友情というエモい部分もあったり、いろんな要素が詰まっているので、見ていて元気をもらえるしほっこりすると思います。明日も頑張ろう!って思ってもらえる要素が詰まっているし、女性も見て楽しんでもらえる部分がたくさんあるんじゃないかと思ってるんです。絵柄も柔らかいし、パステルカラーとかもかわいいと思ってもらえると思うし、私も見てすごくかわいい!と思ったので、ぜひ女性の方にも気に入っていただけたらなと思います。(WebNewtype)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)