刻んだ時が、交わる1日。 「アニサマ2016」2日目レポート

刻んだ時が、交わる1日。 「アニサマ2016」2日目レポート

B.B.クィーンズ with B応P

8月26日(金)から28日(日)までの3日間、さいたまスーパーアリーナ(以下:SSA)にて“Animelo Summer Live 2016 刻-TOKI-”(以下:アニサマ)が開催。本稿では、その2日目の模様をお届けします!

2日目はまず、B.B.クィーンズとサングラスを着用したA応……もとい“B応P”がコラボメドレーを披露! 「おどるポンポコリン」では2万7000人による「タッタタラリラ」の大合唱が響き渡ります。そしてスクリーンに松野家の六つ子が登場。十四松の「プレイボール!」の声に合わせてA応Pのステージがスタート。1年前は、けやきひろばのステージに立っていた彼女たちは、今年はSSA内で大人数を相手にしての堂々のパフォーマンスを披露しました。

観客の度肝を抜いたのは、続くPoppin'Party from BanG Dream!も同様でしょう。担当声優全員の演奏の本気ぶりに、驚かされた観客は多かったはず。しかも全員がパフォーマーとしての意識からか笑顔で完奏し、来年のアニメに向けて期待高まるステージとなりました。

さらに続いたのは「響け!ユーフォニアム」ブロック。ブラスバンドを従えてTRUEさんが高らかに「DREAM SOLISTER」を歌い上げれば、そのまま北宇治カルテットが登場し「トゥッティ!」へ。サビでのコール部にはスタンドから大きな声が上がり、序盤にして早くも大盛り上がりをみせました。

6年ぶりの出場となったLiaさんは、“国歌”「鳥の詩」を歌唱。アニソン界随一の感情や情景の乗った精度の高い歌声で、夏にこの曲を聴けるとはなんと幸せなことでしょうか。続く早見沙織さんは、初登場らしく冒頭1フレーズのみ固さも感じられましたが、その歌声は尻上がりに柔らかさを増していきます。2曲目「ブルーアワーに祈りを」での美しい高音ファルセットは、まさに女神でした。

バンドタイム後に登場したMICHIさんは、どこかラテンの香りもする彼女のキラーチューン「Checkmate!?」を軽快に歌いあげると、彼女の「カロリーQueen、カモーン!」の声に合わせて、会場最後方にはトロッコに乗った竹達彩奈さんが登場!「Hey!カロリーQueen」で「だがしかし」コンボを決め、「ライスとぅミートゅー」ではコール・アンド・レスポンスでSSAを大いに盛り上げていきました。

そして煽りVTRを経て、劇中のように向かい合わせの形でプラズマジカの4人が登場。「青春はNon-Stop!」内の各楽器のソロパート部の振付では、躍動感あふれるチュチュ(上坂すみれさん)のギターソロが印象的でした。

さらに続くイヤホンズは普段用いるovertureをバックにステージへ。「あなたのお耳にプラグイン!」での恒例・日替わり“リクエストナンバー”には、自身が1周年記念ライブでカバーした「乙女のポリシー」が選ばれ……というところで、なんとご本人・石田燿子さんが、作曲者・永井ルイさんとともに登場するというサプライズまで見せてくれました。

そして前半戦を締めくくったのはFLOW。2年ぶりの登場に、KEIGOさんも「アニサマ、出たかったー!」と魂の叫びを響かせます。立て続けにここ1年で歌ってきたアニソンをぶちかますと、最後には「GO!!!」でSSAを興奮のるつぼと化させていきました。

後半戦は、神秘的なインストを導入にしたfh?naのステージからスタート。実はこの日、彼らはひとつの悲願にたどり着きます。それは「時を刻む唄」でのLiaさんとのコラボ。towanaさん以外の3人でのfh?na結成時に「CLANNAD」で意気投合した彼らが本人とコラボできるとは、なんと幸せなトゥルーエンドでしょうか。まさしく“CLANNADは人生”がスラングから真理へと昇華した、奇跡の瞬間でした。

続けて登場した大橋彩香さんは、「おしえてブルースカイ」のイントロが流れるのと同時に、満開笑顔にスイッチオン。一方で「裸足のままでもこわくない」のDメロでは、繊細に情感を込めていきました。

そしてこちらはソロ初出場、高垣彩陽さん。情熱的に「Rebirth-day」を歌いあげると、早見沙織さんとともに、fh?na・佐藤純一さんのピアノ伴奏で「Komm, susser Tod〜甘き死よ、来たれ」をコラボ披露します。高い歌唱力に歌声の相性の良さ、そして美麗な生ハモ……どれを取っても、この日限りなのが惜しすぎるほどの良質なセッションでした。

さて、アニサマは再びアツい曲モードへ。SCREEN modeがトゲのある荒っぽい歌声でSSAをたぎらせれば、再登場したTRUEさんは熱と勢いのこもった「Divine Spell」でSSAを真紅に染め上げます。さらにOxTも「STRIDER'S HIGH」のサビでの「そぉい!」コールやボーカル・オーイシマサヨシさんの軽快なMCで、会場を一丸にまとめていきました。

勢いそのままに、今度は内田真礼さんが登場。この大舞台をエンジョイするかのように攻め曲でも間奏中に笑顔が絶えなかった彼女は、その想いを「ギミー!レボリューション」で爆発させ、自らも観客も一緒に笑顔になれるステージを展開してくれました。

そして、鈴木このみさんは安定のパワフルなボーカルで、10代最後のアニサマを駆け抜けます。最新曲「Love is MY IS RAIL」では笑顔で「青がきれーい!」と叫んでしまうほどの、ジャケットや作品とも繋がるブルーのスタンドを目にし、Dメロでの気持ちを深く深く込めていきました。

2日目も終盤。スクリーンにLiSAさんのロゴが映し出され……たかと思いきや、不意にそれがクラッシュし、代わりにGirls Dead Monsterのロゴが登場! ステージにはLiSAさんに加えmarinaさんも登場し、2人で「Crow Song」をサプライズ披露します。そしてLiSAさん単独のステージでは、最後にセンターステージで「シルシ」のサビをアカペラで歌いきってから、そのまま1曲通して歌唱。落ちサビでLiSAさんの合図に合わせて音もなくペンライトが上下した奇跡のような美しい光景は、目にした誰もが忘れないことでしょう。

最後に各出演者のラインナップ。FLOWからの「アニサマは日本一のライブフェス!」の言葉には、会場中の誰もが頷いたことでしょう。そしてテーマソング「PASSION RIDERS」の大合唱とともに、2日目のステージも終了。はたして最終日には、どんな素敵な光景が待ち構えているのでしょうか?【取材・文=須永兼次】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)