ついに最終回!「タイムトラベル少女」第12話先行カット&あらすじが公開

ついに最終回!「タイムトラベル少女」第12話先行カット&あらすじが公開

第12話「親愛なる科学者たち」より

テレビアニメ「タイムトラベル少女〜マリ・ワカと8人の科学者たち〜」第12話の先行カットとあらすじが公開されました。

<第12話「親愛なる科学者たち」あらすじ> 1879年のアメリカ。時空間の裂け目に吸い込まれるのを必死に抵抗する真理、永司、御影。これは本来、同じ時間軸上には存在しないはずの永司と御影のコンパスが原因で起きたタイムパラドックス・バリエーションだった。 一方、現代側でも、制御不能になったTSSがオーバーロードを起こし電源ユニットが過熱、煙や火花が飛び散り始める。

最終話となる第12話「親愛なる科学者たち」は、9月24日(土)7時からテレビ東京系列6局ネットで、21時からAT-Xで放送されます。

テレビアニメ「タイムトラベル少女〜マリ・ワカと8人の科学者たち〜」は、“少し賢くなれる電撃タイムスリップ体験!”をコンセプトに、ちょっとミステリアスな要素あり、感涙あり、笑いありで展開するサイエンス・アドベンチャー。何事にも一生懸命で元気な中学2年生の早瀬真理が、3年前に失踪した世界的科学者である父からもらったペンダント・アーミラリーコンパスに導かれるようにタイムスリップし、さまざまな科学者たちと出会っていきます。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)