青木瑠璃子、バッティングの極意に迫る!

青木瑠璃子、バッティングの極意に迫る!

目指せホームラン!!

みなさんこんにちは、青木瑠璃子です。

今回はバッティングセンター編! 体を動かしましたよ!

わたしはバッティングセンターに行くのもバットを振るのも、小学生の頃ゴムボール野球をちょこちょこやっていた時以来です。そもそも正しい振り方だってよく知らない!大丈夫なのか!?

まずは自分が思うままに振ってみます。重いです。バットに振られているような感じ。野球はルールは分かりますが、そんなに詳しくないわたし。どんなフォームが正しいのか正しくもないのかもわかりません。とりあえず勢いだけで振ってみました。その状態で球も打ってみましたが、何球かカスっと当てることができた感じ。前には飛んでいきません。つか球も速い! ここからちょっとでも成長します!

そのためにも先生の登場です。運動ができる匂いがぷんぷんする先生です! 一回見学させていただいたのですが、カキーンカキーンと打ちます。わたしの打ち方とはまるで違う。そうそう、これだよこれ。と、なんとなくゲシュタルト崩壊し始めた打ち方を思い出した気がして、ちょっと安心しました。※しかしマネできるとは言っていない

まずは片足で立って打つという、一本足打法的な、所謂な打ち方を敢えて練習します。これによって体重移動がうまく身につくらしい。最初はちょっとフラフラしましたが、慣れてくると振ることはできる! でも、なかなか球には当たらなそう……。ということで、先生が手でゆるーく球を投げてくれます。先ほどのマシーンが投げる球に比べたらゆっくりですが、片足を上げて打っているので打ちにくいような……でも打ち方的には、なんか気持ち悪さというか、違和感みたいなものは減った気がしました。

そして再びマシーンの速い球に挑みます。一本足は封印しましたが、さっき教わった体重移動は忘れません。すると、あら不思議……? さっきより当たる、当たるぞ!! 球が見えはしないけど、ちゃんと当たると前に飛んでいくぞ! 若干バットを振るのにも慣れてきましたし、これはいけるのではないか!?

と思った時代がわたしにもありました……。ここから更に先生に教わったり、もう一回マシーンに挑んだりしたのですが、バットの重みと体力に負けまして、この時のわたしが一番打てた……。一番輝いていたのでした……。

でも楽しい回でした! なかなかバットをちゃんと握る機会はないのですが、今後なにかの企画やタイミングでバットを振ることがあるかもしれない……その時まで、今日の経験は忘れないぞ……!!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)