テレビアニメ「幼女戦記」の特報PV&キャラ設定第1弾が公開

テレビアニメ「幼女戦記」の特報PV&キャラ設定第1弾が公開

「幼女戦記」特報PVより

アニメ化が発表されていた、カルロ・ゼンさんが手がける大人気戦記ファンタジー小説「幼女戦記」の特報PVが公開されました。

あわせてイントロダクションとキャラ設定も公開。公開されたキャラ設定はターニャとレルゲン、ゼートゥーアの3キャラ分です。

また、公式ツイッターアカウントも開設されました(@youjosenki)。

<イントロダクション>

統一暦1923年6月。金髪碧眼の幼女、ターニャ・デグレチャフは北方軍管区ノルデン戦区の第三哨戒線で上空からの観測任務にあたっていた。ターニャは帝国の士官学校で航空魔導師としての研修を終えたばかり。危険も何もないただの観測任務は何事もなく無事に終わるはずだった。

しかし協商連合の越境侵犯をきっかけに帝国と協商連合は戦争状態に突入し、事態は一変する。協商連合による奇襲が発生し、ターニャは敵の魔導師中隊と単独で交戦しなければならない事態に陥ってしまう。多勢に無勢で味方が到着するまで持ちこたえることなどできるわけもなく、しかし逃げようものなら敵前逃亡で死罪は免れないという絶望的な状況。何としても生き延び、上層部に対して最善を尽くしたとアピールするため、ターニャはとある作戦に打って出るのだが……。

<キャラ設定>

■ターニャ/帝国軍の航空魔導師士官。白く透き通った肌を持つ金髪碧眼の幼女。孤児院での貧しい暮らしから抜け出すため、魔導師としての適正から志願して軍人となった。最大の目的は生き延びて出世し、後方の安全な地位と権力を手にすること。

■レルゲン/帝国軍参謀本部の参謀将校。作戦局のルーデルドルフの元で、軍令全般に従事するほか、戦場情報の提供なども担当する。参謀本部の人事局から作戦局に配属され、軍政・軍令の双方に幅広い知識を持つゼネラリストであり、キャリアコースを進むエリート。

■ゼートゥーア/帝国軍参謀本部の戦務参謀次長。軍人らしからぬ寡黙さ故に学究肌が過ぎるとの批判もあるが、物動や兵站の調整に長けたリアリストとして実力は参謀本部でも一目を置かれている。元々は作戦畑出身であり、作戦担当のルーデルドルフとペアを組む。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)