中村繪里子が徳島名産・すだちの魅力を満喫!「マチ★アソビVol.17 」開会式

中村繪里子が徳島名産・すだちの魅力を満喫!「マチ★アソビVol.17 」開会式

開会式に登場した中村繪里子さんと近藤光社長

10月8日(土)から10日(祝)に徳島市で開催されている「マチ★アソビVol.17」ラストラン。8日の眉山山頂ステージで開会式が開かれました。

ステージには飯泉徳島県知事、観光協会の近藤氏、徳島アニメ大使の中村繪里子さん、そしてufotableの代表取締役社長である近藤光さんが登壇しました。

まずは近藤社長から、豪華な出展品で毎回盛り上がりを見せている「チャリティーオークション」の売上の一部で「移動図書館」を購入したとのら報告が。これには、地域の活性につながるようにとの願いも込められているそうです。

また、中村さんが表紙を飾る、徳島観光に持ってこいのフリーペーパー「徳島県 旅★アソビ」の第2号が2017年5月に発行されることが発表されると、会場からは歓声があがりました。

続いて、「おへんろ。」ちわ役などで活躍中の江原裕理さんが登場。マチ★アソビが行われている徳島市に近い神山町で栽培されている「神山すだち」が紹介され、地元徳島出身の江原さんもその美味しさをアピールしていました。

「すだちくんの絵描き歌」コーナーでは、県知事・近藤さん・中村さん・江原さんの4人が絵描き歌に挑戦。中村さんは眉毛を描くのを忘れてしまいましたが、ファンの「描いちゃえ!」の言葉に、そっと遠慮がちに描き足していました。

また、東京のufotable cafeを阿波徳島アンテナショップに認定する認定式も開催。飯泉知事から近藤社長に認定証が手渡されると大きな拍手が起こりました。

最後に近藤社長が「また初心に返り、また新たなことをどんどんやっていこうと思いました。今後も皆さんとの信頼関係のもとで、vol.18、19と続けていきたいです」と所信表明を行い、開会式は終了しました。【取材・文=ダンディ佐伯】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)