TVアニメ「刀剣乱舞 -花丸-」第2話場面カットと新キービジュアルが到着!

TVアニメ「刀剣乱舞 -花丸-」第2話場面カットと新キービジュアルが到着!

キービジュアル<冬Ver.>

テレビアニメ「刀剣乱舞 -花丸-」の第2話場面カットが到着しました。

<第2話「【如月】言いたいことなんて…、何もない」あらすじ>「同田貫正国」と「鶴丸国永」が顕現した。大和守安定・加州清光は2振りを連れて本丸の中を案内することに。一方で、織田信長にゆかりのあるへし切長谷部・宗三左文字・薬研藤四郎の3振りをふくむ刀剣男士たちに、本能寺への出陣命令が下される。

続く第3話は、10月16日(日)24時からTOKYO MXを皮切りに、関西テレビ・BS11で順次放送。またDMM.com・ニコニコ生放送・ニコニコチャンネル他でも配信されます。

さらに、最新キービジュアル「冬Ver.」も公開。冬の季節をイメージした雪景色と共に、メインキャラクターが描かれています。今後は、物語の展開に合わせて新たにキービジュアルが公開される予定。

「刀剣乱舞-花丸-」は、名だたる刀剣が個性豊かな男性キャラクターへと姿を変えた“刀剣男士”を集めて、自分だけの部隊を結成し、さまざまなな合戦場を攻略していく刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」のアニメ化作品。西暦2205年、歴史改変をもくろむ“歴史修正主義者”による、過去への攻撃が始まった世界で、歴史を守る使命を与えられた“審神者(さにわ)”によって励起された最強の付喪神“刀剣男子”が、“とある本丸”を舞台に、ひたむきに、そしてほがらかに生きる“花丸”な日々が描かれます。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)