五十嵐裕美・高田憂希・富田美憂の声帯模写やかわいいセリフで阿鼻叫喚!「ニジ★スタ」トークイベント【マチ★アソビ vol.17】

五十嵐裕美・高田憂希・富田美憂の声帯模写やかわいいセリフで阿鼻叫喚!「ニジ★スタ」トークイベント【マチ★アソビ vol.17】

左から、五十嵐裕美さん、富田美憂さん、高田憂希さん

10月8日(土)から10日(月)に徳島市で開催された「マチ★アソビ vol.17」ラストラン。8日の新町橋東公園ステージで「ニジ★スタ」正式オープン記念トークイベントが開催されました。

このステージには五十嵐裕美さん・高田憂希さん・富田美憂さんが出演。まずは、正式オープンしたWebメディア・ニジ★スタのことや、出演者3人それぞれのインタビュー記事について説明があり、五十嵐さんは自身が出演している「グリモア〜私立グリモワール魔法学園〜」テレビCMの撮影裏話も話していました。

その後は、五十嵐さんたちの人柄をもっと知ってもらうために、事前に募集していた3人のタレコミ情報を紹介。母親ととても仲の良い高田さんには、“毎日母親に連絡をする”というタレコミが。しかし、高田さんによるとそれは間違いで、毎日“2回”連絡を取ると笑って訂正していました。

さらに、オリジナルの挨拶があると言われて、この場で披露してくれました。それがこちら。

「やる気と元気は憂希(勇気)から! みんなに笑顔を届けますよ〜! ゆうゆうこと高田憂希です!」

なお、この挨拶を見かけたら、決して引かず、最後は笑顔で拍手してほしいとのことです。

富田さんに関しては、文武両道とのタレコミが。実際のところは、空手の黒帯を有しているそうですが、学業の成績に関しては夏休みの宿題をギリギリに写させてもらったこともあるそうで、やんわりと否定していました。ステージ上では“型”を披露して、上段蹴りも見事に決まっていました。

もちろん、五十嵐さんへのタレコミも。「マチ★アソビ」皆勤声優である彼女は「働きたくない」と言いながらも、しっかりこなしていると指摘されます。それについては本人曰く、正確には“仕事はしたいけど、それ以外で人とあまり会いたくない”ということらしく、できることなら家で仕事をしたいと笑っていました。さらに、ホラー映画が大好きで、怖さで心拍数が上がると生きていることを実感できるということでした。

続いては、このイベントの記事のために“釣れる見出し”を用意して、実際にその見出し通りになるように実行するコーナー。用意されたのは「高田さんが驚きの声帯模写を披露。観客からは拍手喝采」「とみー(富田さん)のボディタッチにステージ上は阿鼻叫喚」「五十嵐裕美のかわいいひと言に観客は大歓声」というもの。

高田さんが披露したのは「すぅ〜ざぁ〜〜……ちゃぷちゃぷ……ざぁ〜〜」という川の音の声帯模写で、優しい観客から拍手喝采が起こりました。さらに、富田さんがボディタッチをしようと左右を見ると、五十嵐さんと高田さんが2人とも手を差し出しています。結局、どちらも引き寄せて両者の肩を抱いていました。

五十嵐さんはというと、精一杯のツンデレなセリフを披露。恥ずかしさから高田さんの後ろに隠れるかわいいところも見せて大歓声が! こうしてサイトのことや3人のことをしっかり理解できた(?)ステージは終了となりました。【取材・文=千葉研一】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)